So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
各種問題 ブログトップ
前の10件 | -

技術の日産の崩壊!排ガス・燃費測定試験改竄!チャイナに1兆円投資で更に危険! [各種問題]

10Jly2018-1.jpg産自動車は9日、日産九州工場以外の同社国内全工場で完成検査時の排出ガス・燃費の測定値を書き換えるなどの不正があったと発表しました。


昨年9月には完成検査を無資格の従業員が行った問題が発覚しましたがこれ以降も、一部の工場では不正が続けられていた事になり深刻な状況です。


日産車はレンタカー等で乗った事がありますが、余りにも作りが雑で驚いた記憶がございますが、これだけでは無かった様です。


10Jly2018-2.jpg燃費データーの偽装はかなりひどいものでここに掲示しきれません。


10Jly2018-3.jpgバツ印のものやエコカーマークの消えた部分はエコカー減税を受けた部分です。


減税分は日産が顧客に変わり納税する事になりそうですが、水増しされた燃費を信じて購入したユーザーのその後の燃料費負担はどうなるのでしょうか。

nice!(11) 
共通テーマ:ニュース

深刻な凶悪事件が多発!今の若者に何が起きているのか?危険と隣合わせの社会! [各種問題]

28Jun2018-1.jpg富山県警によると、26日午後、富山市久方町の交番で男に刺された富山中央署奥田交番所長の稲泉健一警部補(46)が拳銃を奪われ更に追跡しましたが出血多量で死亡する事件が発生しました。


6月9日には、新幹線では女性が切り付けられそれを助けようとした若者が鉈で切られて死亡する事件が起きたかと思えば今度が交番勤務の警察官が突然刃物で刺され拳銃を奪われ殺された上に付近の学校で警備員も撃たれました。


そう言えば今年の4月17日には、滋賀県彦根市の交番で上司の井本光巡査部長(41)を射殺したとして、殺人容疑で巡査の男(19)が逮捕された事件もありました。


何れの事件も犯人の年齢が4月17日の滋賀県彦根市の交番の射殺事件では19歳、6月9日の新幹線死傷事件では無職小島一朗容疑者は22歳、今回の富山中央署奥田交番襲撃事件の島津慧大容疑者は21歳でした。


全てに共通する点は、凶悪事件を起こした犯人の年齢が20歳前後である点です。


やはりこの頃の年齢では何かが切っ掛けで自分をコントロール出来ない状態になる恐れがあります。


更に、過激な戦闘ゲームでは刺激的画像が実にリアルで展開されるものがあり、こうした刺激に誘導された行為が現実と区別が出来なくなった恐れも考えられます。


こうした問題は専門家を含めて社会全体で論議しなければなりませんが、自分の心をコントロール出来なくなる事が最大の問題で凶器は刃物に限らず車でも大きな兇器になります。


考えられる最大の原因は親の躾が適切に行われて来なかった事も考えられ、家庭を襲う貧困にも原因がありそうです。


海外などで特に犯罪の多い都市では、貧困家庭では子どもはほったらかしで善悪の区別すら教育していない親も居て、当然子どもは善悪の区別がつかないまま大きくなってしまいこうした者がギャングとなっているケースが多い様です。


更に、地域で子どもを見守る必要がございますが、中々なくならない児童虐待も地域の目が厳しければかなり減らせるのではないでしょうか。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

トランプ大統領を激怒させたハーレーダビットソン!モノづくりを忘れたアメリカの現実! [各種問題]

26Jun2018-1.jpg1901に創業したハーレーダビットソンはアメリカを象徴する大型バイクメーカーでそのブランドイメージは高いのですが、それがブランドイメージが地に落ちる危険があります。


その理由は、ドナルド大統領の鉄鋼に25%・アルミに10%の関税を課す事を決め、これに対するEUの対抗策として米国からヨーロッパに輸出される二輪車の平均費用に2,200ドル(約24万円)を追加するとカウンター増税が行われます。


ハーレーダビットソンのEUでの売り上げのシェアーは約16%ですが、これを理由に同社に続くアメリカの製造業が海外で生産を始めてしまいますとアメリカのモノづくりは崩壊しかねません。


米輸入制限によるハーレーの負担増は年9千万~1億ドルになると言われ報復関税戦争の怖さを知らしめた結果になりました。


我が国でバブルの少し前に日本の車がアメリカで大人気になり貿易赤字やアメリカの製造業の空洞化が問題になり、日本の自動車メーカーが海外で生産せざるを得なくなり海外で生産した結果、下町のまち工場が激減し長期デフレで苦しめられました。


これと同じ事をEUがハーレーダビットソンを反撃として狙い撃ちした様で、さすがのトランプ大統領も慌てた様です。


今度は、トランプ大統領は海外で生産したアメリカ企業の製品に輸入高率の関税を課すと報復の連鎖になっています。


しかし、トランプ大統領怒りの原因は彼のツイッターにあり、「ハーレーダビッドソンは今年、カンザスシティーにある工場設備の大半をタイに移転すると言っていた」そうですから、ある意味で自滅の道を歩む恐れがあります。


それは超大型のバイクはある意味ではステータスシンボルとしての付加価値が高くアメリカ製だからこそ売れるのあってこれがタイ製になれば、日本製の超高級大型バイクに市場を奪われるのではないでしょうか。


ハーレーダビッドソンの発言の背景にはモノづくりを忘れたアメリカの現実がある様で、アメリカ製が無くなれば日本やヨーロッパの製品が高級ブランドを占めてしまいアメリカ製は市場を奪われるだけかも知れません。


初心に帰りアメリカもモノづくりに回帰した方が良さそうですし、関税だけで守れるものでは無く良いものは関税をかけても入って来るのではないでしょうか。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

総務省ソフトバンクに行政指導!販売店に割引額を指示!ソフトバンクが有利な金額に! [各種問題]

07Jun2018-1.jpg6日総務省はソフトバンクに対しご覧の文書による行政指導を行いました。


行政指導の内容は下記の通りです。


ソフトバンク株式会杜
 代表取締役社長執行役員兼CED宮内 謙 殿


                                   総務省総合通信基盤局長 渡辺 克也


端末の販売価格の割引等に関する販売店への対応の適正化について(指導)


 総務省では、平成29年1月10日、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」(以下「指針」という。)を策定し、新規参入の阻害等を招くおそれのある高額な端末購入補助の適正化を求めてきている。


これに関して、貴社が本年1月17日付けで、販売店に対し、書面により、端末の販売価格の割引又は利用者に対して提供する金銭その他の物品又は役務の代価とすることができる経済上の利益(以下「端末の販売価格の割引等」という。)
の具体的な金額を提案していたことが認められた。


 これは、販売店に対して貴社が定めた端末の販売価格の割引等の額を実質的に指示するものであり、販売店における端末の販売価格を事実上拘束することで不当に貴杜に有利な金額に設定させようとするもので、電気通信の健全な達に支障を生じさせかねないものと認められる。


 また、この対応は、実質的に指針の「端末購入補助」と同等の効果を持つと認められるところ、一部の端末では指針に沿わない不適正な水準の「端末購入補助」の効果を持つことが認められた。


 ついては、上記対応の適正化について、下記のとおり措置されたい。


1. 端末の販売店に対し、端末の販売価格の割引等の実質的な指示を行わないよう販売店への対応を適正化すること。


2. 端末の販売価格の割引等の実質的な指示が行われた原因及び本年1月1日から本日までの期間における貴杜から販売店への端末の販売価格の割引等の実質的な指示が他にないかについて調査を行うこと。


3. 記2を踏まえた再発防止策を策定すること。


4. 記1から3までの措置及びその結果について、本年6月27日(水)までに総務省に報告すること。


ここからは専門用語で分かり難い部分を解説させていただきますが、電気通信業界の消費者の利益を無視した許認可事業にあぐらをかいた自分さえ良ければと言う醜い体質が伺われます。


先ず、携帯電話やこれに関わるネットワークの基本料が携帯電話デジタル化、多機能化されたのが1990年ですからが出来てから28年経っており、その間20年以上に亘るデフレ経済下にあっても値下げされて来ませんでした。


これは移動体通信業界に莫大な利益をもたらした事は言うまでもありませんし、ソフトバンクの創業者の孫正義当時(54歳)のCEOは2012年には年収93億9600万円総資産6800億円を稼ぎ出せた事からも如何に儲けが大きい業界かわかる筈です。


この事は私自身商社マン時代この業務に関わった事がありますので如何に儲かる事業であるか存じていました。


移動対通信は、かっての電話システムの様な高価な銅製の電話線もいらなければ道路に電柱を建てる必要も無く既存のビルのオーナーと交渉して屋上にアンテナを付け電波圏内に基地局を設けるだけですから電話と比べ格段に安く通信網を作れるのです。


つまり、通信網の整備に電話線網よりも遥かに安上がりに構築できるのに、その基本料は通常の固定電話と同等又はそれ以上で、通話料は有線電話の倍以上ですから、投下資本は直ぐに回収出来ますしその後はマル儲けです。


本来なら価格の競争で基本料や通話料は下がってもおかしくありませんが、許認可事業を理由に価格競争は単なるポーズに過ぎません。


高く取り過ぎた分は自社の商品にしか交換できないポイントと言う形でキープして一度入った金は外部に出されない構造にしています。


このポイントがくせ者でお客を他に奪われない為の縛りに利用したり、今回総務省が行政指導した「端末購入補助」と言う形で販売価格を事実上拘束し、消費者の利益と販売店の利益奪う仕組みだった事がうかがわれます。


やはりスマホや携帯電話の料金は高過ぎで、更に問題なのは世界的に似たような価格で、通話料はIP電話等で安くなりましたが、プロバイダー料は世界中殆ど同じと言うのもこうした業者がボロ儲け出来る仕掛けがありそうです。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

墨田区の洪水・都市型水害ハザードマップから分かる安全な場所と危険な場所! [各種問題]

24Apr2018-1.jpg地域防災計画(平成29年度修正)が作成されその中から皆様の生活で必要な情報を提供すると共に分かり易く解説したいと思います。


上の地図は荒川が氾濫した場合の浸水想定区域と浸水継続時間ですが、えんじ色の部分は浸水が2週間以上続く事が想定される地域です。


荒川が氾濫しますと墨田区の南部、北部地域の殆どが水に浸かってしまい、南部は1日から3日で水がはけますが、北部地域の大部分が2週間以上浸水してしまう事が分かります。


墨田区周辺の区では葛飾区はほぼ全域が水没しますし、江東区もほぼ全域が、台東区も隅田川周辺から上野駅位までが水に浸かってしまう事が分かります。


最悪は2週間以上も建物から外に出られませんから、日頃から食料や水を2週間分は確保しておく必要がありあそうです。


24Apr2018-2.jpgこれは先日の当ブログでもご紹介した都市型水害、つまり高潮による浸水想定ですが、この図を見ればどこが水面よりも低い土地であるかが分かると思います。


24Apr2018-3.jpgこの地図は大雨で冠水し易い場所を示した地図で、特に墨堤通りなど隅田川周辺の橋の下を通る道を通行する場合は道路が冠水していてうっかり車で入ってしまうと車ごと水没する危険地帯が写真で示されています。


これから大雨が降る事が多くなって来ますので雨の時には特にご注意下さい。


nice!(12) 
共通テーマ:ニュース

サラリーマン層に多い老後の貧困!現役時代の蓄えでは平均寿命が20年を補いきれない [各種問題]

20Apr2018-1.jpg最近報道などで老後破産とか老後破綻が取上げられるケースが多くなっています。


今回は老後破産とか破綻は何故起きるのかその原因を分析してみました。


先ず第一に問題なのは、日本の年金制度が社会保険庁の天下り役人に食い荒らされ浪費されて来た問題を忘れてはなりません。


平成16年には、年金福祉還元事業のグリーンピア、年金福祉施設、年金住宅融資等で巨額の赤字が明らかになり、公的年金制度によって集められた年金保険料が、本来の年金給付以外の用途に安易に使われ失われてしまいました。


この時は不要な保養所などが作られ、その発注も特定の天下り外郭団体経由から更に天下り企業へ流れた為に行き届いたサービスが提供されず、誰も利用しない施設となり多額の年金資金が無駄遣いで消えています。


第二に年金の運用の問題があり、この年金の運用が市場関係者から見ますと情報が筒抜けで、この動きを利用すれば鞘が取れてしまう事や運用額が大きいので動きが遅く美味しい所は先に他にさらわれてしまっていました。


更に悪い事には、時の政権が株価を維持又は浮揚させる為に年金基金を市場に投入して来た事が挙げられ、私の記憶では最初に使ってたのが小渕内閣で、次は小泉内閣、最近の第一次安倍内閣と第二次安倍内閣でも行われています。


何れの内閣でも相場の浮揚後株価は下落していますから相当の含み損がある筈ですが、大昔に買われた株価に混ぜてしまいその損失を見えにくくしている様です。


この様に年金の原資となる資金が増えないのに少子高齢化で年金を受け取る人が激増し財源が足らない上に税金で不足分を補う為の改革が国会で行われてきませんでした。


特に老後の貧困ではサラリーマン層に多い傾向が見られ、現役時代に蓄えたお金だけでは、平均寿命が20年伸びている事に対応が出来ず少しづつ蓄えが無くなり最後は老後破産とか破綻へと向かい易いのです。


特にこの年代のサラリーマン層は自民党支持層が多く結果的に裏切られているのに気が付かないか、どこの政党に入れても変わらないと無関心な事が多かった様に思います。


特に酷かったのは政権交代を掲げた民主党(現民進党)で外交も国内政策も全くダメで円高が進行し消費税の増税法案を決めただけでこれも有権者が騙されてしまいました。


やはこれは小選挙区制度を変えなけれは大政党の議員しか出られませんし、選挙があっても誰も選びたく無い候補者ばかりと言う経験をされた方が多いのではないでしょうか。


こうした要因が結果的に、定年退職後の人達の生活を直撃している事に気付かない事が大変危険なのです。


特にサラリーマンは層は現役時代高い報酬や安定した収入が保証されて来ましたが、定年後は頼りにしていた年金が余りにも少ない事に気付きますが生活を急には落とせません。


その結果不足分を退職金や預金を引き出して使ってしまいますといつかは破産となる危険性があります。


その点収入は少なくても独立して自営業をされている方は仲間どうして仕事をやり繰りしていますので、一般ではリタイヤされている年齢の方でも年金プラス自営収入でやり繰りが出来てしまうのです。


老後の貧困の原因は収入が減り続けるのに介護保険料、国民健康保険料、医療費の負担が毎年増える上に家賃等がありますから今では、老後は楽隠居とはならず生涯働き続けなければならなくなりました。


老後の貧困にならない為には、サラリーマン時代から定年退職後の生活設計をしっかりする事に加えて、会社や年金に頼らない生き方を考えておく必要があります。


例えば職場での経験や人脈を活かす方法や商売のノウハウ事前に学んでおいて自宅を活用して商売をする方法を見つけるのも良いかも知れません。


また、年金だけでひっそりと暮らす方法として高い家賃に苦しんでいれば都市近郊の郊外の家が1千万円以下で買ますし賃貸でも数万円で家を借りる事も可能で、こうした地域なら年金だけで暮らせる筈です。


結論から言いますと、これまでの日本の政治が目先の事しか考えず都合の悪い事を先送りにして来た事が原因ではないでしょうか。


私が学生時代先輩から引っ張られて警備会社でアルバイトした事がありますが、定年退職された皆さんが70代前後まで厳しい職場働いている姿を見て老後は楽が出来る様に一生懸命働きましたが結果として抜け出せていません。


現代は野生の時代に戻ってしまった様で、野生の世界では獲物が取れなくなられば死んでしまうのと似ており、それ程厳しい競争社会にいる事を自覚する必要があるのかも知れません。

nice!(13) 
共通テーマ:ニュース

東京都が初の想定図を公表!巨大嵐で高潮で東京の3分の1水没!墨田区99%が水没 [各種問題]

03Apr2018-1.jpg4月1日のジャパンタイムズの2面に掲載された東京都が初の想定図を公表した結果、巨大台風による高潮で東京の3分の1水没が水没し、東京スカイツリーがある墨田区は99%が水没と書かれています。


この記事によると首都上空に巨大な台風が発生すると暴風を伴う上昇気流が発生すると高潮が発生し約400万人が洪水に襲われる可能性があるという新しい研究結果と想定図が公表されました。


この報告書によると、東京都心の3分の1に相当する212平方キロメートル(85平方マイル)は、高潮を発生すると10メートル(33フィート)もの水が氾濫し江東区を直撃可能性があります。


この報告書は、1934年に3000人以上の日本人が死亡した伊勢湾台風では中心気圧が910ヘクトパスカルで、時速73キロメートルで移動する台風の暴風雨と高潮で大規模な洪水になる事を想定しています。


特に、東京の東部地区を流れる荒川は、東京港湾で津波が発生し川の堤防を越えてしまえば一週間以上水没した状態が続く事を指摘しています。


東京都は、この推定値に基づいて避難措置を更新し、住民への警告メッセージの普及方法を見直す予定であると述べています。


江戸川区の葛西では最大10メートル高さまで水没する危険が指摘されており、交通も麻痺して車が大渋滞して動けませんので、車を捨てて高い建物に避難しましょう。


墨田区は99%が水没してしまう恐れがありますし、水が引き車の通行が可能になるのに10日間は必要になりますので食料や燃料の備蓄が重要になります。


今後広域避難の方法はなどが問題になりそうです。


nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

繁華街の客引き問題!文京区の対応に学ぶ!客引きは暴力団の資金源になっている! [各種問題]

20180331-1.jpg先日上野の湯島天神下に広がる繁華街を通りましたら、盛り場に入る道路の入り口付近にご覧の様な掲示が道路に貼られていました。


上野の仲町通り歓楽街に出ますと警備員がヘッドレス式のマイクで「客引きに注意してください、客を引く風俗店はボッタクリにあう危険があります」という内容のアナウンスを繰り返していました。


このエリアは繁華街が台東区上野警察管内と文京区本富士署管内にまたがっており、文京区側は条例で客引きを禁止しているので積極的に取り締まりを強化しています。


警備員の方に身分を明かし錦糸町の問題で苦労しているので色々教えて欲しいとお願いしましたら教えて下さいました。


客引きの背後には暴力団が居て、客引き1人当たり月額で6万円のケツ持ち料、所謂みかじめ料を取っているのが普通だそうで、暴力団の資金源になっている。


客引きは、池袋や新宿で取締を受けたり暴力団の関係でそこを追われると上野や錦糸町に拠点を移している。


その理由は、警察や自治体の取締が甘く闇組織が活動し易い環境が作られている。


中でも最大の理由は地域の人々の目が甘く、客引きを利用する人が多い事が問題で、逆に地域の目が甘く客引きを利用する人が多いと、ここは稼げると客引きが各地から集まって来てしまうそうです。


更に、最近では外国人が増えてチャイニーズ、韓国人、フィリピン人、バングラデッシュ人、インド人、イラン人、ベトナム人、インドネシア人等国際化が酷く争いも多くなりボッタクリや喧嘩、闇組織同士の抗争も増加傾向にある様です。


ボッタクリによるトラブルも大変大いので、そうしたトラブルに巻き込まれない為には客引きを利用しないのが一番だそうです。


また、泥酔して歩いているとスリに狙われたり、悪質なボッタクリ店の餌食にされてしまうそうで、特にチャイニーズ系は非常に危険との事です。


暴力団事務所が一番多いのが台東区の浅草と言われており、浅草に集まる理由は浅草警察署の取締が甘いからと言う情報もあります。


嘘の様な本当の話ですが、錦糸町の風俗店でアルバイトをされていた方の話では、非番の警察官が来るとオードブルやフルーツを店がサービスだと言って無料で出すケースもあり、これは贈収賄ではないかと教えて下さった方もいます。


こうしたサービス業の人達は上手に接待するプロですから、警察官を手玉に取る事は簡単にやってしまいますし、上着を預かりそのポケットにお金の入った封筒を入れて相手の出方次第で組し易いかどうかを見極め手玉に取られる恐れがあります。


警察が違法行為を把握しながら取り締まらない背景には、こうした闇組織との関係を疑われても仕方がありませんし、裁量権の乱用で違法行為を取締らない事もあり得ます。


こうした場合は、近隣の警察署に相談するか警視庁に直接持ち込む方が効果的かも知れません。


過去に外国人マフィアが対立するマフィアのボスの偽装結婚や人身売買を取締って欲しいと情報を持って来ましたが、その際に所轄の警察に連れて行こうとすると、そこは情報が漏れるので別の署にして欲しいと言われた事があります。


その時は警視庁の組織対策課に連れて行きボスら数名が逮捕されましたが、対立抗争に利用された感が否めませんがとにかく悪い輩を少しでも追放する事が出来た事は確かです。


客引きは利用しない、させない環境を作る事が闇組織をのさばらせない環境を作れますし、フロント企業も経営者や事実上のオーナー動きはその気になって情報収集してみますと意外に分かるものです。


悪いやつは許さない、存在すらを認めない社会を作る事が平和な世の中を作り安全安心の基本ではないでしょうか。

nice!(11) 
共通テーマ:ニュース

進む北十間川の耐震護岸工事!都心の僅かな自然のオアシスがまた無くなりました。 [各種問題]

20180330-1.jpg現在北十間川の源森橋付近で行われている東京都の耐震護岸整備工事の様子です。


この工事は直径約1メートルの鉄製の杭を振動や回転を掛けながら岩盤まで打込む作業です。


20180330-2.jpg杭はご覧の圧延鋼板を螺旋状に巻いて作られた鋼製のパイプ状のもので長いもの1本と短いもの1本の合計2本で一本の杭になり、その長さは18メートルあります。


施工後はこのパイプの空洞の中に生コンを流し込みますのでかなり頑丈な護岸が出来る事は確かですが、この川の名称の基になった十間の川幅が大幅に失われる事は非常に残念です。


江戸時代は大変綺麗な川だったそうで、白子が泳ぎシジミが取れたそうです。


このエリアの護岸は人が入れないので、希少な動植物が居てとても愛嬌のある顔をした家守が居たりカニも生息していますし、本所の七不思議に登場する片刃の葦も生えていましたがこの工事で消えてしまうと思います。


20180330-3.jpgこの付近に長年住み着いていたアオサギも巣にしていた木が伐採されしまいましたので何処かへ行ってしまいました。


都心部の僅かな自然が失われるのは大変残念です。


20180330-4.jpg工事が終わるとご覧の様なコミュニティー道路が作られる様ですが、浅草と東京スカイツリーを結ぶ最短距離になる事から多くの人通りが予想され賑わうのは良いのですが、治安の悪化等が心配です。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

東日本大震災から7年!震災の記憶を忘れない為に墨田区内の写真を掲載します! [各種問題]

20180311-2.jpg2011年3月11日14時48分の当時建設中だった東京スカイツリーの工事現場の状況ですが、クレーンのフックが大きく揺れクルクルと回っていました。


現場の作業員は身をかがめて付近の手摺等にしがみ付いていました。


20180311-3.jpg11日の為替相場は民主党政権下で金融政策が無策で景気も最悪で唯でさえ円高なのに地震発生で1ドル83円30銭から80円丁度まで3円30銭も一気に円高が進んでしまいました。


20180311-5.jpg夕方5時30分になって戻って来ますと三目通りの源森橋の上では、下り車線がご覧の大渋滞で、裏通りまで車が溢れ身動きが取れませんでした。


20180311-4.jpg同じ場所を12日6時20分に見に行きますと、昨夜居た車が20メートル程進んだたけでした。


大渋滞に巻き込まれたドライバーの皆さんは、ここで一夜を明かした様で少しでも燃料を節約する為に寒い中でエンジンを掛けずに止まって居た車が大部分でした。


この後は、ガソリンスタンドにガソリンが届かない為に5日間前後ガソリンが手に入りませんでした。


20180311-6.jpg都心からのサラリーマン層の方は自宅まで歩いて帰られ、帰れない方は小学校の体育館で一夜を明かされた方も多かったそうです。


情報伝達手段で有効なのはご覧の様な張り紙で、お店の方が帰宅困難者皆さんの為に手作りされた様です。


20180311-7.jpg源森水門は地震発生直後から閉鎖され、隅田川では津波が上がって来た関係で、係留されていた屋形船が流され、船同士が衝突して壊れたり、親水テラスの手摺を破損させていました。


水面には大量の流木やごみやロープ等が浮いており、スクリューを使う船舶の航行は不可能でした。


20180311-11.jpgご覧の記事は平成30年3月2日の毎日新聞の記事ですが、国土交通省や東京都が隅田川などを利用した帰宅困難者対策を検討していますが、現実を知らないお役人の机上の空論に呆れるばかりです。


東京都は、水辺ラインや屋形船を帰宅困難者対策として使うと言っていますが、これは自分達の天下り外郭団体の公益財団法人東京都公園協会が震災時に活躍するとして補助金を狙ったPRに過ぎず現実にはあり得ないと思います。


その理由は、大地震直後は余震が多くこの状況で船舶が航行する事は法律上出来ません、津波で水面にはおびただしい浮遊物が多く船舶はまともに航行できませんし、肝心の船舶が壊れている事も考えられます。


海上自衛隊の小型船でも隅田川を永代橋から上流へ行ける船舶は無いそうです。


20180311-8.jpg墨田区役所に作られた帰宅困難者の為のスペースですが、この状態で一夜を明かすのはつらそうです。


大規模災害時には、無理に帰宅しようと考えず出来るだけ会社の中に留まる方が安全ですし、鉄道などの復旧はかなり早く、一部を除いて翌日には使える状態でした。


20180311-9.jpg大変なのは、食料の確保で直後にコンビニやスーパーのパンやおにぎりカップめんはご覧の状態です。


食品は3日間は何も買えませんので、家庭には常に最低3日分の食料を確保し、カセットコンロは必需品ですので、カセットコンロのガスボンベも6本以上確保しておくと良いかも知れません。


災害は忘れた頃にやって来ると言われますが、当時の経験は忘れない様にしましょう。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 各種問題 ブログトップ