So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の上半期の経常収支10兆5千億円の黒字!10年ぶりの改善だが9割が利子収入! [世界経済と日本]

20170808-1.jpgご覧のグラフは財務省が本日8日付で公表した日本の経常収支過去20年間の経常収支の構成割合を示したグラフです。


このグラフの黄色い部分は第1次所得収支と言われるもので過去20年間で見ますと右肩上がりに増えている事が分かります。


第1次所得収支を分かり易くご説明いたしますとこれまで日本が海外に融資や出資をしてきた結果、利払いや配当金を海外から受た事による収入を示しています。


20170808-2.jpg8日に公表された経常収支はご覧のもので10兆5千101億円の黒字ですが、その9割を超す9兆7,622億円が第1次所得収支なのです。


この事は日本が世界最大の債権者大国であり、日本国民の貯金が米国債等に運用され利益を稼ぎ出している事が分かります。


日本の輸出も37兆3,076億円で+3兆4,368億円 (+10.1%増加) と頑張って居るのですが、一番上のグラフの水色の部分を見ればお分かりになると思いますがかって活力は失われています。


逆に輸入は35兆2,545億円で+3兆7,081億円 (+11.8%増加) と輸出を上まわる割合で増えています。


結果的に貿易収支プラス2兆 531億円となったものの▲2,713億円 の黒字幅が縮小しています。


サービス収支は▲2,974億円の赤字で▲485億円も赤字幅が拡大していますが、これは構造的なもので世界最大のサービス黒字国はアメリカでコンピュターや映画等のソフト、通信、情報、販売等のビジネスモデルを持ちこれが利用されているからです。


将来の日本を考えますとモノづくり日本からサービス収支黒字国になればより豊かになれる事を示唆しているのではないでしょうか。


nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

核兵器の廃絶へ世界は向かえるのか?ビキニ環礁水爆実験を振り返る! [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20170807-1.jpg1954年3月1日にビキニ環礁で行われた水爆実験について当時の米国の新聞には”Castel Bravo"邦訳すれば「歓呼の城」となり、この実験は67回目の核実験だと書かれています。


この実験では日本海軍から接収した戦艦長門、ドイツ海軍からの重巡プリンツ・オイゲン等とアメリカ海軍の余剰な巡洋艦・駆逐艦・潜水艦・補助艦が並べられ、大艦隊も一撃で撃破してしまうクロスロード作戦(Operation Crossroads)が行われました。


この実験で日本のマグロ漁船・第五福竜丸をはじめ約1,000隻以上の漁船が死の灰を浴びて被曝しています。


また、この水爆は広島長崎に落とされ原爆の1000倍と言われ計画段階での核出力は6Mtでしたが実際にはその倍以上の15Mtという非常に大きな核出力でした。


この核実験は世界中に核の灰を降らせ当時、学校等では核の灰が降るので外に出ない様に指導していました。


20170807-2.jpgこれは米軍が公表した写真ですがビキニ環礁水爆実験をこの様な状態でまるで花火を見るかの様にして見ていたのでしょうか?


この写真は、恐らく米軍の将兵に核爆弾は恐れるに足りないものと嘘の宣伝を行う為に撮影された可能性が強いのです。


この様な状態で水爆の爆発を見ていれば大量の放射線を浴びますし、航空機用のゴーグルが必要な風圧程度で済まないのではないでしょうか。


それは衝撃波( shock wave)と呼ばれる圧力波が発生しマッハ同速度でで空気が押されますから吹き飛んでしまう筈です。


この実験から既に半世紀以上経ちますが核廃絶がこの時も叫ばれましたが、未だに核が廃絶されないのは何故でしょうか。


核兵器が廃絶されるどころか拡散する一方ですが、こんな危険なものが増え続ける事は悲劇が繰り返されるのではないかと心配するのは私だけでしょうか。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

72年目の原爆の日!再び核兵器の危険に晒される我が国!歴史は繰り返されるのか? [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20170806-1.jpg今から72年前の8月6日午前8時15分テニアン島を飛び立ったB29エノラ・ゲイに搭載されたリトルボーイと呼ばれる原子爆弾が写真の原爆ドーム上空600メートルで爆発し広島は壊滅しました。


この爆心地から600メートルでは2,000度の高温に達しここに居た人は即死しその影が壁に焼き付いてしました。


半径1キロ圏内の人は度の重い熱傷で皮膚が炭化又は皮膚が垂れ下がり90パーセントの方が一週間以内に死亡しています。


更に、爆心地から5キロ以内に居た人は放射能を浴びた事により即死又は1ヶ月以内に死亡したとされ最終的には10万から16万人が死亡しています。


原爆の爆発力のすさまじさは、爆発により付近は350万パスカルの圧力により爆心地は真空状態になり地中に埋設された土管が吸い上げられて地上に飛出し、その後大気の圧力で真空の空間が押しつぶされ付近の水や物が空高く吸い上げられ黒い雨となって降って来ました。


この黒い雨には、ストロンチウム92やセシウム137が大量に含まれており、これを浴びた人達は被爆し白血病や癌を発症しています。


こんなに恐ろしい兵器が何故作られたかは、子供の頃に読んだ本にありました「マンハッタン計画(Manhattan Project)」でこれは、ドイツが核兵器を使う事を恐れた亡命ユダヤ人科学者らが当時のルーズベルト大統領に信書を送った事がアメリカの核開発の切っ掛けになった様です。


アインシュタインの特殊相対性理論が示す「エネルギー=質量×光速の二乗(E=mc²)」計算式によって質量がエネルギーに変換されると言う理論が応用されました。


広島の原爆の場合約50キロのウラン235が使われたとされ、そのうち核分裂したと思われる1キログラム分のウラン235が核分裂によって0.68グラムの質量の欠損が生じますから、その欠損分がエネルギーに変換された事になります。


爆発により放出されたエネルギーは約63兆ジュール(62.8 TJ [テラジュール]、6.28×[J])となり、そのエネルギーは数十万気圧に達しこれが爆風となり、熱エネルギーは5.3兆カロリーに達し、更に莫大な量の放射線を発生させました。


マンハッタン計画では、ロバート・オッペンハイマー博士らが科学技術を駆使して原子爆弾の開発が行われ1946年7月16日には世界初の原爆実験が行われ、翌月の8月6日に広島、9日に長崎に原爆が投下されています。


広島長崎は原爆実験場として利用されたと言っても過言ではありません。


この時には戦争そのものが科学技術の戦いに変わると共に、都市そのものを破壊する無差別大量殺戮に変わってしまったのです。


広島の原爆投下から72年経ちましたが再び日本は北朝鮮による核兵器が使用される危機が迫っています。


その爆力も数千倍に及ぶ可能性があり、東京が狙われれば東京都民は即死、半径50キロ圏内の千葉県の茂原辺りでも重い熱傷で皮膚が炭化又は皮膚が垂れ下がり90パーセントの方が一週間以内に死亡してしまいます。


こんな恐ろしい大量破壊兵器が独裁国家の北朝鮮では完成させようとして居るのですが、無能な国連は非難決議をする程度で問題の解決すら出来ませんし、アメリカのマスコミはトランプ大統領バッシングばかりの愚かさで危機感がありません。


今、北朝鮮を野放しにしてしまえば、核兵器を売る事で外貨を稼ごうとしますので何処に核兵器が拡散してしまうか分からずテロ組織の手に渡るかも知れませんから本当は全世界の問題なのです。


しかし、世界のマスコミも本当の危険性を知らせず意図的に愚民化させる為に政治問題もバラエティー番組で取上げたりCM収入が激減している為に取材に予算が回せず視聴率稼ぎの低俗な番組に終始しています。


つまり、皆さんが知らされない間に深刻な危機が気付かれない様に少づっ近づいているのです。


無知の怖さは、恐ろしさが全く認識出来ておらず認識した時には全く回避出来ない状態になってしまう事です。


再び日本が攻撃されるマンハッタン計画の様なものが練られているのではないでしょうか。

nice!(9) 
共通テーマ:ニュース

認可保育所の園児一人当たり月額50万税金!育児世帯に直接補助すべき!第2話  [子育て]

20170805-1.jpgご覧の図は業平3丁目に建設予定の認可保育所(仮称)キッズガーデン業平設置計画の説明会資料の1階平面図の図面ですが、住民側は前面道路が6メートルの幅員しか無い為に公道に自転車を駐輪されてしまうと通行に支障が出るので敷地内に自転車が駐輪出来る様に第1回説明会で求めていました。


具体的に解説しますと登園下園は勿論、イベント時でも自転車が園の敷地内に収まる様に自転車駐輪場は広く確保する様に求め、園の定員は78名ですからかなり広いものと思われました。


しかし、第2回目の説明会では建物を少しずらした程度でご覧の図面の右下の部分がそうですが、車2台分の駐車スペースに自転車幅0.5メートル長さ1.8メートルの駐輪スペース横10台縦3台が隙間なく並べられ30台の駐車スペースがあると言うのです。


これは実際の運用ではあり得ない設計で、理屈上では30台とめられたとしても出し入れは出来ませんから現実には無理な設計で、住民が図面を読めない事をいい事にその場限りのいい加減な説明を行って居るのです。


この様な事を公然とする業者に、大切なこどもを預ける事が出来る事業者といえるのでしょうか。


現在は待機児童対策と称しながら、公立の保育園は逆に減らされ、園庭の確保出来ない認定保育園に墨田区は移行させており、園庭を持たない認可保育所は園庭が無い為に近くの公園で園児を遊ばせる光景が見られます。


これが本来の公園利用の姿ではありませんし、行政上の都合が子ども達の一番大切な時期に狭い場所で管理されることどもを育ててしまいますし、公園と言う公共の場所を認可保育園が占拠する事に違和感を感じない子どもが大人になったらどうなるのでしょうか。


待機児童問題の真相は厚生労働省の天下りの問題で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助されその多額の補助金に群がる天下りが美味しい蜜を吸う仕組みです。


子育て世帯は家計の赤字を埋める為に働かざるを得ない為に保育所が足らない訳で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助すらなら子育て世帯にその半額の25万から10万円を支給すれば解消する筈です。


更に、節税効果も期待出来ますし、未就学児の一番大切な時期にこの様なコスト管理された施設に入れてしまと非認知能力が磨かれませんので、将来を切り開ける人材が減り、与えられた仕事しか出来ない人を作り続けてしまいます。


この事は折を見て新世界秩序(New World Order)との関係もあり詳しく解説する予定ですが、意図的にこうした状況を作る事で権威に弱く管理し易く広告や宣伝で消費し、使い捨てできる人間を意図的に作られていると言っても過言ではありません。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

認可保育所の園児一人当たり月額50万税金!育児世帯に直接補助すべき!第1話 [子育て]

20170804-2.jpg3日業平3丁目に建設予定の認可保育所(仮称)キッズガーデン業平設置計画の説明会が行われましたが、近隣住民の皆様からお怒りの陳情を受けておりましたのでその説明会に同行させていただきました。


冒頭町会長から4階建ての建物で78名の園児をどうやって火災時に避難させるのかと言う質問が出ました。


管理会社の株式会社Kids Smaile Project 側の説明では総勢20名の職員が手分けして避難誘導するとの事ですが、具体的な避難計画が全く無い上に消防法に適合した設計にするから大丈夫と言う説明でした。


不明点が多いので具体的に職員の配置状況を質問して見ますと、1階にはゼロ歳児が9名おり保育士1名が2名の園児を避難させるとなると保育士が5名必要になります。


2階には、1歳児が12名おり保育士1名が2名の園児を避難させるとなると保育士が6名必要になります。


外では園長と副園長が外で避難誘導を行い最終的な避難状況を確認すると言いましたので外に2名居る事になりますのでこの時点で20名の職員のうち13名が割かれる事なります。


問題は2階の一部と3階と4階部分に57名もの園児がおりこれを残り7名の職員で避難誘導する事になる点です。


設計図面から2階には2歳児が15名居ますので1人の職員が3名の園児を避難させるとなると5名の職員が必要になりますので残りの職員は僅か2名の職員が3階と4階部分に残る42名の園児を避難させる事になります。


引続き設計図面から3階には3歳児が15名居と4歳児が15名ますので合計30名の園児が居る事になり、残りの職員は2名しか居ませんから1人の職員が30名の園児を避難させる事になってしまいます。


それでは4階には5歳児が15名居ますから残りの職員は1名しか居ませんから1人の職員が15名の園児を4階から避難させる事になります。


火災発生時には現場では炎や煙が出ますので想像を絶する混乱が想定され、煙の中をこれだけ多くの園児を安全に避難させる事が出来るのか疑問です。


更に、管理会社の経営者は保育所の経営上の問題だけしか考えておらず、万一の火災の際の避難誘導や安全対策については何計画や構想を語れない事に危機管理の無さを感じざる得ませんでした。


実際には管理会社の言う20名という職員数が確保出来るかも疑問で、職員の平均在職期間が2年と言う同社では同時多発的に現在認可保育園が設置される現状から保育士を確保する事が出来ず欠員が出る事も想定されされます。


待機児童問題の真相は厚生労働省の天下りの問題で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助されその多額の補助金に群がる天下りが美味しい蜜を吸う仕組みです。


子育て世帯は家計の赤字を埋める為に働かざるを得ない為に保育所が足らない訳で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助すらなら子育て世帯にその半額の25万から10万円を支給すれば解消する筈です。


更に、節税効果も期待出来ますし、未就学児の一番大切な時期にこの様なコスト管理された施設に入れてしまと非認知能力が磨かれませんので、将来を切り開ける人材が減り、与えられた仕事しか出来ない人を作り続けてしまいます。


この事は折を見て新世界秩序(New World Order)との関係もあり詳しく解説する予定ですが、意図的にこうした状況を作る事で権威に弱く管理し易く広告や宣伝で消費し、使い捨てできる人間を意図的に作られているのです。


西洋の農奴制と同じ様に生涯労働者として搾取される人を作り続けようとしているのです。


人が生きぬく力や未来に挑戦し時代を切り開ける人材育成に一番大切であり教育投資と言う観点からから見ますと費用対効果の最も良い時期は未就学児の時期であり、一番大切な時期なのです。


冷静に考えて欲しいと思いますし、身の回りの大人を観察すればご理解いただけると思います。


他人の目を気にする人からどう見られるかが気になる人は既にこうした洗脳を受けて居る恐れが高いと思われます。


これに対して時代を切り開き大勢の人の生活の糧を生み出す人の幼年時代と、権威に弱く自分の意見を持たない、人に使われ滅私奉公で人生を終わる人の幼年時代を調べて見るとお分かりになると思います。


nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

太田道灌ゆかりの報恩寺主催の第26回隅田川・川施餓鬼精霊供養が行われました! [ニュース]

20170803-1.jpg3日太田道灌ゆかりの寺として知られる報恩寺主催の第26回隅田川・川施餓鬼精霊供養が行われました。


川施餓鬼精霊供養(かわせがきせいれいくよう)とは、特に関東大震災、東京大空襲などで水死、溺死者のために水中に舟を浮かぺ、施餓鬼を施して供養をするものであり、先祖代々の精霊も供養されるそうです。


20170803-2.jpg平川山報恩寺の住職によるお経がささげられ隅田川でお亡くなりになられた人々の供養が行われました。


20170803-3.jpg参加者も団扇太鼓を叩きながら読経を行い諸霊の慰霊を行いました。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

墨田区議会臨時会で政務活動費横領事件に関する調査特別委員会が設置されました! [墨田区議会]

20170802-1.jpgご覧の写真は平成28年10月3日に行われました産業都市委員会の管外行政調査で松山市を訪問し松山市役所の前で委員全員で記念撮影した一部分ですが、この管外行政調査の翌日の4日午前中にもみずほ銀行松山支店から90万円を引出していました。


産業都市委員会の管外行政調査は平成28年10月3日は午前9時に羽田空港に集合し、9時35分羽田発ANA585便で午前11時5分に松山空港へ到着し昼食後の午後1時30分から午後4時まで松山市議会で観光振興策について行政調査が行われました。


委員会資料から翌日の4日午前中にもみずほ銀行松山支店から90万円を引出して居たのです。


この日午前中は午前10時出発で電車で愛媛県西条市へ向かい午後1時から3時まで西条市役所で防災対策についての管外行政調査が行われました。


20170802-2.jpg西条市役所で防災対策についての管外行政調査の様子ですが画面左奥が木内清委員長、赤い矢印が横領事件の犯人である当時は副委員長だった松本久です。


その日の午前中に90万円もの横領をしながら平然としている事が分かります。


その後、再び電車で高松市へ行き丸亀町のビジネスホテルで宿泊しましたが、その翌日の午前中に再びみずほ銀行高松支店から9万円を横領していた事が政務活動費横領事件に関する調査特別委員会資料から分かりました。


委員の誰もこの様な犯罪が行われている事に気付きませんでしたが、公務中にも横領をして居た事が分かり怒りが込み上げてまいります。


話は政務活動費横領事件に関する調査特別委員会に変わりますが、この日は自民党会派の委員から事件の経緯説明と説明内容に関する質疑応答が行われました。


私は、横領額1,840万円のうち埋め合わせを行っている為に最終的な横領額は14,144,943円と説明にあり、その差額である埋め合わせ金の内訳を出す様に求めました。


これに対する自民党の佐藤委員の答弁は個人情報がどうの法律的にどうのと言い全容を明らかにしようとしませんので、それならこの様な調査特別委員会が設置されても真相が解明できないと指摘しました。


その結果一部黒塗りで内訳が出される事になりました。


同様に政務活動費の返還金5,928,724円も横領されて居た事から会派所属議員で建て替え払いした明細や今後の横領された金額の穴埋めに関する明細も出す様に求めました。


疑惑はまだあり、この会計は毎年新人議員の資質を磨き公金の管理方法を学ばせる為としていますが、この中にはこれまでの政務活動費の中で本来は返還すべきお金がプールされていたのではないかと言う疑惑があります。


それは、自民党が事実を2ヶ月も隠している事や本所警察署の刑事課に告発しているが未だに受理されて居ない事から、きちんとした証拠が提出出来て居ない事を意味するからです。


こうした事が古くから行われていた事実が判明すれば、当然自民党の区議だった墨田区長も公金がプール金として管理されたいた事実を知っていた筈ですから、組織的な事件になり兼ねません。


委員会が終わり次第住民監査請求を監査委員会事務局に出そうとしました。


しかし、平成16年9月17日に判決では、政務活動費が区から会派に支給された時点で、一連の財務会計行為は終了し「公金」性は失われているとの判決があり住民監査請求の要件を満たせない事が分かりました。


それにしてもこの様な犯罪者が産業都市委員会の副委員長にしてしまう自民党を壊さなければなりませんし、裏金疑惑についても情報をお寄せ下さい。

nice!(9) 
共通テーマ:ニュース

災害対策等調査特別委員会報告!江東5 区大規模水害の危険度!悲劇は江戸川区で! [墨田区議会]

20170801-1.jpg7月31日災害対策等調査特別委員会が開会されましたのでご報告致します。


ご覧の図は隅田川、荒川、江戸川等の大河川やその支川が流下しており、ほぼ全域が浸水想定区域に含まれていることから、河川洪水に対して高いリスクに晒されている事を示すずです。


臨海部のゼロメートル地帯では、東京湾の高潮により海岸堤防や河川堤防が決壊した場合、広範囲が深刻な浸水被害を受ける危険性がある事が指摘されています。


海抜ゼロメートル地帯に位置しており自然排水が望めないことから、排水施設が機能しない最悪の場合、広範囲において2週間以上に渡り浸水が継続する危険性がある事が指摘されています。


江東5区全体で258万人もの人口を擁しており、大規模な水害が発生した場合、膨大な浸水人口の発生が想定され、早い段階で大量の人々を避難させる必要があるのです。


20170801-2.jpg

大規模水害として、長雨などによる荒川の洪水と東京地方への伊勢湾台風級(中心気圧930hPa)以上の台風の襲来による東京湾の高潮が同時期に発生することによって、荒川の両岸を含む対象地域の広範囲に浸水被害が生じた事態を想定した浸水に伴う浸水深さを示す図です。


これによりますと江東5 区で大規模水害が発生した場合、危険度が最も高いのは江戸川区西部で紫色の部分は水深が5メートル以上に達し大部分が2メートルから5メートルの深さで水没してしまう事が予想されます。


その隣の葛飾区もほぼ全域が水没してしてしまい2メートルから5メート以上lの深さで2週間以上に渡り浸水が継続する危険性があることが分かります。


墨田区の場合は区の北部地域の大部分が2メートルから5メートルの深さで水没してしまう事が予想され、万一の場合の対策を講じる必要がある事がおわかりになると思います。


20170801-3.jpg江東5区で最も危険なのが江戸川区のご覧のシミュレーションによる避難者渋滞のイメー図です。


更に、深刻なのは広域避難は車の利用意向が高く、一時に膨大な避難交通が発生することが想定され大規模な交通渋滞の発生で避難する事が困難となります。


理想像の実現に向けた課題は次の通りです。


(ア) 早期段階における広域避難の判断が困難


大規模水害の発生を認識するための情報や体制がなく、早期段階における広域避難の判断が困難である。


(イ) 広域避難先の確保が不十分


各区が個別に避難協定を締結しているものの、避難者の規模に対して十分ではない、避難施設まで具体化されていない、協定締結先が一部重複しているなどの問題がある。


(ウ) 大規模な交通渋滞の発生


広域避難は車の利用意向が高く、一時に膨大な避難交通が発生することが想定される。加えて、渡河避難が必要となるため、橋梁部等がボトルネックとなることで、深刻な交通渋滞の発生が想定される。


(エ) 広域避難が困難な人の存在


要配慮者など、広域避難に際して特別な支援を要する人が存在する。また、広域避難先までの移動手段を持たない人も存在すると考えられる。


(オ) 区民の認識不足
水害に対する区民の意識は低く、広域避難の体制が整ったとしても適切な対応が行われないことが懸念される。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

関東大震災朝鮮人慰霊碑に嘘の6千人余命が殺され?第7話 慰霊碑追悼式典の問題 [嫌われ者国家支那、韓国、北朝鮮の崩壊への記録]

20170730-1.jpgご覧の写真は大正12年9月1日に発生した関東大震災で遭難された方のを慰霊する石原町遭難者碑で震災直後の石原町会が建立したものです。


20170731-1.jpg毎年9月1日になると朝鮮人6千人余命が殺されたと嘘のプロパガンダに利用される「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」では朝鮮人犠牲者追悼式典が行われ、東京都役人が慰霊文を読み上げて居ました(平成22年9月1日午前11時40分大瀬康介撮影)。


しかし、上の写真の本物の慰霊碑の前では追悼式典は何も行われていませんでした。


しかも反日プロパガンダに利用されているにも関わらずご覧のテントを貸しているのは東京都建設局の公園緑地事務所で公費で購入されたテンが使われている事が分かります。


今後はこの問題を指摘している団体の「そよ風」さんらのご尽力で「石原町遭難者碑」でも追悼式典が再開されるそうです。

20170730-2.jpg「石原町遭難者碑」の裏側には大正12年9月1日に発生した関東大震災で遭難された方々を慰霊し、震災を後世に伝えています。


20170730-3.jpg震災の翌年の大正13年9月には先ずこの小さな慰霊碑が建立されていた事が分かり、本物の慰霊碑はちゃんとあるのに式典が行われず、日本人を貶める目的で設置された関東大震災朝鮮人慰霊碑の前で式典が行われる、東京都知事や墨田区長の式辞が述べられる事は、関東大震災朝鮮人慰霊碑に流言蜚語で6千人余命が殺されたと嘘を公が認めたとして嘘が世界に報道されてしまいます。


この問題は追跡調査して問題を正して参ります。

nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

雨の中で開催された隅田川花火大会! [日本文化]

20170729-5.jpg29日隅田川花火大会が雨にもかかわらず開会されましたが、雨の中でも場所取りの為に多くの人々が三目通りが通行止めにされるのを待っていました。


私も地元の町会の方々とごみ箱の設置などのお手伝いをさせていただきましたが、やはりお天気が心配でした。


この日は友人会社の経営者の皆さんと向島で花火を見る事にしていましたが、余りにもあめがすごいので外に出ず室内で飲食する方が多くなってしまいました。


20170729-6.jpg少しだけ花火を見る事が出来ましたが、雨で座って見る事が出来ませんので、傘をさしながら立ち見になりました。


やはり雨が降ってしまいますとせっかく場所取りをしてもビニールシートに雨が溜まってしまいますと座れませんから残念でした。


それにしてもここ数年花火大会の時期は雨が降る事が多い様な印象をうけますが、天候の異変なのでしょうか。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース