So-net無料ブログ作成
各種問題 ブログトップ
前の10件 | -

航空自衛隊百里基地でF4戦闘機の左脚部が折れ出火事故の背景には厳しい予算が! [各種問題]

20171018-1.jpg18日午前11時50分ごろ、航空自衛隊百里基地地所属のF4戦闘機が誘導路をタキシング(taxiing)中に左脚部がに折れ、機体下部の予備タンクが路面に接触し出火しました。


操縦士2名は炎上する機体から飛び降りて脱出しましたが、けがはなかったそうです。


20171018-2.jpgご覧の写真は同型機のF4戦闘機のメインギア部分を写したものですが、着陸の際に大きな負荷がかかる為に、機体や乗員を守る為に主軸は強力なショックアブソーバーで衝撃を吸収する仕組みになっています。


今回の事故ではメインギアの車輪が脱落したそうですからこれを支えるシャフト等の周辺部品が金属疲労等で損傷していて折れた可能性が考えられます。


空自では昨日の17日にも浜松市沖30キロ地点でUH60J救難ヘリコプターがレーダーが海上に墜落し、機体は発見されたものの乗員合計4名が行方不明で安否が心配される事故が起きています。


こうした背景には自衛隊の予算が余り増えて居ないにも関わらす、北朝鮮情勢やほぼ毎日数回行われてチャイナ機等による領空領海心配で戦闘機のスクランブル発進が激増しているにも関わらず予算が余り増えていない事です。


そもそもF4戦闘機は1950年代の戦闘機で、今から60年も前に開発された戦闘機ですから老朽化が考えられます。


アメリカ軍では既に退役している戦闘機で航空自衛隊でまだ使われている理由は予算が無い為です。


本来日本の防衛に必要な戦闘機はF-35戦闘機クラスが必要で価格は1機約12200万ドル日本円で116億円もしますし、機体寿命は10000時間ですから毎日6時間飛行すれば4年から5年で機体寿命を迎える事になります。


現在の航空自衛隊が保有するF4戦闘機の総数は約50機強ですからこれを新しくする為には5,500億円以上必要になります。


日本の平和を守る為には軍事バランスと外交が必要ですし、軍事的背景を持たない交渉は単なる理想論に過ぎません。

nice!(4) 

日産自動車検査偽装!神戸製鋼所データー改ざんに見る大手企業の品質低下の危機! [各種問題]

20171011-1.jpg10日大手鉄鋼メーカーの神戸製鋼所がアルミ製品や銅製品の一部で強度などのデータを改ざんしていた問題が明らかにされ、アルミ・銅製品ついて、検査証明書のデータの書き換えなど行い、仕様に適合するものとして出荷していた事実が判明しました。


上のものは、今回の改ざんが行われた可能性の強い製品のラインナップです。


こうした製品にはミルシートと呼ばれる品質検査書類を求めれば出してもらう事が出来ますが、これが改ざんされていたとなると、この材料を利用して製品を作った企業の中で設計図や検査要領書にミルシートの添付を求められた製品には使えない事になります。


つまり、販売した製品をリコールしたり、ものによっては顧客側が受け取りを拒否しますとこの材料を使用した製品は回収し廃棄、又はパーツの交換をする必要が生じます。


日産自動車検査偽装問題が明らかにされた直後に再び大手メジャー企業でこの様な事実が発覚した事は日本の大手企業が企業としての寿命を迎えているのか、信頼を失った企業は衰退の道を転げ落ちる危険性があります。


20171011-2.jpgご覧のチャートは神戸製鋼所の3か月間の株価の動きでですが、この問題が明らかになると株価はストップ安となり、新たに鉄粉でも改ざんが指摘されていますので、今後の状況次第では更に下げる恐れは避けられそうもありません。


最近の企業理念やモラルの低下は、アメリカの経済学者ミルトン・フリードマン(1976年にノーベル経済学賞を受賞)の「マネタリスト」であり「新自由主義」の旗手と言われるフリードマンの理論に惑わされた恐れがありそうです。


これは「ビジネスの社会的責任はたった一つ、持てるリソースを最大限利用して営利活動を行い、利益を増やすことに尽きる」と言う理論で、その結果これまで養われて来た企業理念が忘れさられ利益追求に走った為ではないでしょうか。


20171011-3.jpgこれは検査偽装事件に伴う日産自動車の株価のチャートですが、今後この影響が決算に反映されますので巨額損失となって現れると思われますし、失った信頼はそう簡単に取り戻せるものではありません。


こうした日本を代表する様な大手企業がこの様なセコイ事をしなければならない背景には、フリードマンの理論に基づく新自由主義があり、日本の小泉政権時代から竹中平蔵氏の登用からこれが進められてしまいました。


これにより大手企業と言えども世界的な価格競争に巻き込まれ、更に、株主に対する配当競争が激化してしまい、長期的な戦略が建てられず、目先の利益だけを追う余り本来の立場や地位を見失ってしまいました。


日本企業が再び息を吹き返す為には創業当時の企業理念に戻り社員や下請け大切にする家族な様な企業を目指すべきかも知れません。

nice!(16) 

日本の技術やノウハウの流失はこうして行われる!日本の国益を守る事が企業を守る! [各種問題]

20170920-1.jpg写真は日本の技術力を駆使して作られた海底に潜む潜水艦を探索するヘリのコックピットですが、様々な技術とノウハウの塊である事が見ただけで分かります。


今日は日本の技術やノウハウの流出はどの様に行われるのかを解説してみたいと思います。


日本経済が衰退した背景には日本の技術やノウハウの流失で特にチャイナや韓国への流出は、日本の製造業から盗み出された技術やノウハウを基に開発費かけない上に安い人件費で作られた安い製品が大量に売られ日本の製造業を衰退させています。


その最大の要因は製造業の海外展開で現地提携先企業へのライセンシングや現地工場における従業員への教育等を通じて、進出先国への技術移転を必然的に伴うものである事留意すべきです。


つまり、現地企業との提携関係が切れれば製造業の技術やノウハウはそのまま残り、結果的に海外展開が仇となり現地企業が同じ製品を作り競合関係になり、開発費をかけず安い人件費の現地企業製品に市場を食われその企業は衰退してしまいます。


次に多いのが意図せざる技術流出でこれは、知的財産権の保護が弱い地域を中心として、海外展開に際して意図あるいは想定した技術移転の範囲を超えて技術やノウハウが流失してしまうものです。


その結果模倣品等の被害の拡大、技術の適正な対価の受け取り機会の喪失による収益の低下、海外企業の急速な技術のキャッチアップの加速化を通じた競争力の喪失等が起こります。


こうした問題は、一企業や一業種の問題にとどまらず、他社や他業種に対する悪影響となって拡大し日本企業そのもが衰退する要因になっています。


我が国全体の産業競争力の確保・強化の観点からは、我が国に立地する企業の技術的優位性を確保出来るように、国内拠点を最先端の技術の開発と利用が可能な拠点とする国内回帰が全ての製造業に求められます。


日本企業は安い労働力を求め後進国に工場や設備を移転して製造しましたが、目先の利益は追った結果日本の製造業自体が衰退し、シャープは倒産し台湾のホンハイに、ソニーは多国籍化しソニーブランドは崩壊しました。


企業の多国籍化や安い人件費を求めての製造拠点の移転は回り回って企業を滅ぼ事を忘れてはなりませんし、グローバリズムの罠に嵌らない事が重要です。


グロバリズムの罠は経団連や商工会議所にまで広がっており、こうした機関では海外視察旅行などで小規模企業の海外進出を後押ししています。


しかし、現実は海外に工場を建設した企業の殆どが利益を出せないどころか赤字で結果的に工場と生産設備をそっくり残したまま撤退せざるを得ず、残した工場が同じ製品を作り競合先となり倒産又は廃業に追い込まれています。


技術流失の良くあるパターンは次のものです。


ライセンス先の説明する法制度や慣行を鵜呑みにしたため、ライセンス契約において本来講じることのできた対応策を契約内容に盛り込むことができず、自社が意図した範囲を超えて技術が活用されてしまった。


これは言葉が通じない上に文化もモラルも違う相手との契約は要注意で、相手は契約の盲点を引出す為に必死である事を知るべきです。


ライセンス契約では、第三国に輸出する場合は事前に協議すると定めたにもかかわらず、ライセンシーが事前協議もなく第三国市場に輸出し低価格販売を行ったため、当該市場での販売について自社の総代理店契約をしている会社から損害賠償を請求された。


契約はしていても守る相手かどうか見極めることは困難でモラルの低い国や貧困国では良くある話です。


サブライセンスを契約で禁止していたが、合弁相手の監督を怠ったところ、合弁相手の企業から別の当該国企業にサブライセンスされて被害を受けた。


お金になれば何でもやってしまう危険性に対するリスク管理の甘さで失ったものを取返すのは、弁済力もありませんから困難です。


海外生産に伴うリスクの甘さの事例。


合弁会社の工場の夜間や休日の管理が不十分であったために、こうした時間に契約外の製品などを製造・横流しする等の被害を引き起こした。


現地法人を立ち上げるに際し、従業員を日本で研修させたところ、現地の同業他社に転職してしまった。


部品の製造プロセス自体に様々な技術・ノウハウがあるにもかかわらず、納入先からの強い進出要請により、現地生産の是非の判断や現地生産を行う場合の製造ノウハウを管理するための対策が不十分なまま、現地生産に踏み切り、技術流出が生じてしまった。


安易な海外生産は結果的に自ら競合先を作り会社を崩壊させるものである事を経営者が自覚していないか、安易な発想や行動が自ら競合企業を作り破滅を招く事を認識していただくしか対策は無さそうです。

nice!(6) 

埼玉県熊谷市で先月O157に感染した3歳の女児が懸命の治療の甲斐無く死亡! [各種問題]

20170822-1.jpg8月21日に埼玉県熊谷市拾六間のスーパー食彩館マルシェ籠原店に入る総菜店のでりしゃす籠原店で買ったお惣菜を食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、3歳の女児意識不明の重体でしたが、懸命の治療の甲斐無く死亡してしまいました。


大腸菌のほとんどは無害ですが、このケースでは病原性大腸菌と呼ばれる毒性の噭腸管出血性大腸菌O157だった事が分かります。


この恐ろしい病原性大腸菌から身を守る為にはどうすればよいのでしょうか。


先ず手洗いの励行が重要で感染を防ぐには、手洗いをまめにするしかありません。


食品の購入や保存にあたっては、肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを、表示のあるものは賞味期限をきちんと確かめて買う必要があります。


冷蔵や冷凍の生鮮食品は、細菌がを増殖させない為にできるだけ買い物の最後に購入し、早く帰宅し直ぐに冷蔵庫、冷凍庫に保存し市販品の賞味期限に注意しましょう。


冷蔵庫には必ず温度計を付けて細菌の増殖がゆっくりになる10℃以下にする事、冷凍庫は細菌の増殖が止まる-15℃以下に保ち、冷蔵庫の中でもO157はゆっくり増殖しますので、 購入した日付を記載してなるべく早めに食品を使い切りましょう。


O157は低温に強く、冷凍庫内でも生きていますので冷凍品でも安心してはいけません。


調理の際には、石鹸で手洗いの励行と清潔なふきんやタオルを用意し調理台は清潔な状態にしておくこと。


包丁、まな板、おはしなどは使ったらすぐに洗剤と流水で洗い、まな板は肉・魚用と野菜用とに分けるか、表と裏で使い分ける、調理をしたら直ぐに洗剤で洗い熱湯や塩素漂白剤等で消毒し、常に乾かしておきましょう。


生で食べる野菜は清潔な流水でよく洗い、冷凍食品を室温で解凍すると細菌が増殖しますので冷蔵庫の中か、電子レンジで使う分だけ解凍し、解凍したら、すぐに調理する習慣をつけましょう。


肉、魚、卵はO157が死滅する中心部の温度が1分間以上75℃となるように十分に加熱して、生焼けの部分が残らないようにします。


食品にO157がもしも残っていた場合、室温に15~20分間放置すると、その数は約2倍に増えますので 調理をしたら可能な限り早く食べるようにしましょう。


保存状態の悪いものや消費期限切れの食品や味がおかしい臭いが強いなど少しでも不安があるときは、思い切って捨てましょう。

もしも、下痢が続いたり、血が混じっているときは、早めに医師の診察を受けましよう。


nice!(0) 

27日開催される平成29年度富士総合火力演習の予行演習と日本の防衛の現実!第3話 [各種問題]

20170827-1.jpg技術の進歩に伴う国際情勢の変化が自衛隊の役割も変わって来てます。


写真は赤外線画像誘導による対戦車中距離ミサイル(撮影:大瀬康介)。


20170827-2.jpg戦車型の標的に命中し貫通した穴が開いており攻撃の精度を物語っています(撮影:大瀬康介)。


自衛隊は、島嶼部における攻撃や弾道ミサイル攻撃といった特異な兆候をできるだけ早く察知できるよう、陸海空自衛隊が一体となって、365日24時間、情報収集・警戒監視態勢をとっています。


状況の推移に応じて態勢を強化しているのですが、現在はこれには憲法改正や緊急事態に対応する法律が追いつていない為に事態が悪化しない様に最小限にする事が危ぶまれる状況です。


自衛隊は我が国を守る強い意志と高い能力を示していますが、我々国民が現在の世界情勢を正しく把握し平和ボケから目覚めなければ情勢は悪化する一方です。


20170827-3.jpg今我が国が求められているのは国際協調主義に基づく積極的平和主義で、「海洋国家」である我が国の平和と繁栄を確保していくためには、国際社会と協力して地域や世界の平和を確保していくことが不可欠でなのです。


写真は多用途ヘリコプター(ヒューイUH-1J)で災害時の物資の輸送や被災者の救助でも活躍しています(撮影:大瀬康介)。


我が国は、「平和国家」としての歩みを堅持しつつ、米国や関係国と緊密に連携して、世界の平和と安定にこれまで以上に寄与しなけらばならない責任を先進国として負う事を求められています。


20170827-5.jpg写真はFH70(Field Howitzer 1970s)は155mm榴弾砲で大砲の歴史は古いのですが敵を制圧する為には古くから欠かせない兵器です(撮影:大瀬康介)。


20170827-6.jpg155mm榴弾砲の着弾ヵ所の様子ですが、砲撃の恐ろしが分かります(撮影:大瀬康介)。


朝鮮半島で第3次朝鮮戦争が起これば北朝鮮は韓国の都市に向けて大規模な砲撃を行うと見られますので都市が砲撃された後で市街戦になる事が予想されます。


20170827-4.jpg陸上自衛隊のヘリコプターを使ったヘリボーン作戦を展開する空挺部隊パラシートによる降下の様子ですが、大東亜戦争時代は空の神兵と謳われ、今でも精鋭軽歩兵としての位置付けがなされ、正規軍相手の防衛作戦以外に、ゲリラコマンドの潜入に対して即応する人達です(撮影:大瀬康介)。


現実の世界情勢から我が国自身の防衛力を強化が求められており、自衛隊は統合運用の考え方をより徹底し、様々な状況に臨機に即応できる、より実効的な「統合機動防衛力」の構築を進めています。


また、我が国は憲法の制約から日米同盟を強化が欠かせませんし、米海兵隊との共同訓練や東日本大震災でのトモダチ作戦に見られる幅広い分野での連携を一層強化しなければなりません。


更に、海洋国家である我が国は海上輸送の安全無くして繁栄はありませんから各国との協力関係を強化しつっ関係各国、特にアジア各国との関係の強化や、国際平和協力活動等に積極的に取り組んで行く責務があるのではないでしょうか。

nice!(9) 

27日開催される平成29年度富士総合火力演習の予行演習と日本の防衛の現実!第2話 [各種問題]

20170826-2.jpg第1話に引続き戦車が防衛計画大綱では次第に数が減らされる傾向にある事についてその理由と根拠を考えてみたいと思います(撮影:大瀬康介)。


ご覧の写真は平成29年度富士総合火力演習の予行演習で撮影した90(キュウマル)式戦車の大砲はラインメタル 120 mm L44(Rheinmetall 120 mm L/44)と呼ばれる44口径120mm滑腔(かっこう)戦車砲で、砲弾の破壊力を高めると重量が増大し機動性が失われる為にこの方式が採用されています。


これまでの砲はライニングと言う螺旋状の溝がありますがこれを無くし他為に散弾銃の銃身の様に砲身が薄く軽くしながらライニングが無い事で反動や抵抗が減り砲弾の破壊力の強化が図られています。


さて話は戻りますが、この様に威力の大きい戦車が新防衛大綱では減らされしまうのでしょうか。

20170826-1.jpgこれが新防衛大綱によると「機動戦闘車を部隊に配備するとともに、北海道、九州以外の部隊の戦車を廃止します」と書かれています(出典:防衛省 防衛計画の大綱 中期防衛力整備計画)。


つまり本州から戦車が居なくなり、残るのは北海道と九州の一部にしかいない事になります。


何故でしょうか。


結論から申しますと有事の際の戦闘方法が大きく変わってしまい地上戦は余り想定されない事やより機動力とスピードが求められ、速やかに攻撃し速やかに移動しないと直ぐに攻撃されてしまうからです。


20170825-4.jpg今後導入が増える事が予想される水陸両用車は、有事の際には日本は島嶼部が多く島嶼部に侵攻された際に上陸が可能な構造で波状の部分は増加装甲(Additional Armor)と呼ばれ対戦車ロケット砲で攻撃されると被弾と同時に爆発し砲弾のエネルギーを吸収させ車体を守ると共に被弾しても交換が容易に出来ます(撮影:大瀬康介)。


こうした人や兵站を輸送し、ロケット砲などを携行した戦闘員が茂み等に身を隠しロケット砲で攻撃する方法が取られるそうです。


20170825-6.jpg敵の戦車を標的にした対戦車ロケット砲の飛んで行く状況です(撮影:大瀬康介)。


20170826-3.jpg実戦では戦車よりもこうして見えにくい場所に隠れた敵に何処から攻撃されるか分からい方が心理的にも、経済的には1台8~10億円する戦車と乗員が攻撃される方がダメージが大きいのです(撮影:大瀬康介)。


全体を通してこれまでの総合火力演習では威圧力をPRする感が否めませんでしたが、今年は実戦を想定した演習により近づいている感じが致しました。


引続き第3話をご覧ください。

nice!(7) 

27日開催される平成29年度富士総合火力演習の予行演習と日本の防衛の現実!第1話 [各種問題]

20170825-1.jpg24日開催された平成29年度富士総合火力演習の予行演習は27日の本番へ向けての訓練は、北朝鮮を取巻くアジア情勢の変化の中で例年よりも実践的な訓練へ変わって来たと思います。


大変蒸し暑い中で行われ過酷な訓練となりましたが、日ごろの陸上自衛隊員の皆様の訓練の成果が正確な射撃迅速な機動力、攻撃と防御の連携など優れていると言わざる得ません。


本来は日本を防衛する為の機関ですが、現行憲法のままでは実は戦後マッカーサー日本を恐れて日本を防衛する事すら許さない憲法を押し付けてしまい、その後世界情勢の変化で自力で防衛しなければならなくなっています。


つまり憲法上は自衛隊は軍隊ではありませんからその行動は制約の塊でこうした軍事装備品はあっても外国の様に様々な局面で柔軟に対応出来ないのです。


言い換えますと侍が刀を持っているのに実戦では使えず武道の型を披露する演武に留まると言うイメージが近いと思います。


これで日本が本当に他国の侵略から守れるのでしょうか。


20170825-2.jpg世界の戦車の中で最も優れた戦車と言われる日本の技術力が生んだ10(ヒトマル)式戦車も僅か88輌しかなく広い日本の国土を守れるのでしょうか。


20170825-3.jpg優れた性能は敵の攻撃を受け難い低い姿勢での射撃や機動力では移動はいながら射撃したり最高速度は70Kmで移動ができ、トレーラーで移動が可能にする為に軽量化されています。


こうした戦車も防衛計画大綱では次第に数が減らされる傾向にあります。


そ理由については第2話でご説明いたします。

nice!(9) 

社会保健料と保健給付費の乖離がすごい!その差額誰が負担するのか? [各種問題]

20170814-2.jpgこのグラフは社会保健料(緑色の部分)と保健給付費(赤線部分)の乖離が拡大しており一体どこまで拡大するのでしょうか。


この差額はどうやって埋めているのかは下のグラフをご覧ください。

20170814-1.jpgつまり、国の税金と地方自治体の税金で補てんされているのですが、実はその大部分が赤字国債による政府の借金なのです。


実際に税金を一番納めている人達は年収1千万円以上のサラリーマンで政府の税収の約25パーセントを支払っているのがこの人達である事が統計データーから分かります。


その一方でソフトバンクやユニクロと等の多国籍企業は殆ど税金を支払っていないのです。


ソフトバンクは携帯電話の高額な月額基本料で大儲けしていますが、日本国内に資産らしいものをほとんど持たず、更に株価をつり上げる事でも大儲けしています。


そもそも携帯電話を始め電話代の基本料が高過ぎる事に国民は気付くべきです。


インターネットの普及で通信料負担は家庭を圧迫していますし、昔は一家に1台だった電話が携帯電話一人1台から2台になり、これに伴い通信業者ぼろ儲けですから、それ相応の税負担をすべきです。


nice!(6) 

墨田区内で雹が降りました!原因は巨大積乱雲! [各種問題]

20170718-1.jpg18日午後3時頃墨田区内で直径1センチ前後の雹が降りました。


私は区役所で陳情の応対をしていた為に実際に降っている所は見る事が出来ませんでしたが、家内がスマホで撮影してくれたのを見てかなり激しい雹だった事を知りました。


雹はどうして作られるかと言うと上の写真にございます、上空に高く伸びる積乱雲の内部で作られます。


内部の中心部分は上昇気流があり回りは上昇した気流が頂点まで行くと再び下りて来ますので下降気流になっています。


上昇気流の影響で水滴が上空へ持ち上げられ上空の高い高度まで噴き上げられた際に水滴が更に冷やされ氷の塊となりながら周囲の水分が付着して大きくなります。


ある程度大きくなると引力に引っ張られて豪雨と共に地上にその氷の塊が降りそそいだ来るものが雹と言われます。


雹は落下時に加速度がつきますので、かなり破力があり、雹が降ると街路樹の枝や葉っぱがちぎられた様に落ちている光景から雹が降った事が分かります。


我が家でもベランダにプチトマトを栽培していますが、青いトマトの実が雹の直撃を受けた様で落ちて散乱していました。


暑くなりますと積乱雲が発達し易くなり、強風や落雷、ゲリラ豪雨が発生しやすくなりますのでご注意下さい。

nice!(5) 

成田空港収賄事件の見る随意契約の利用と便宜の実態!随意契約乱発の墨田区は? [各種問題]

20170713-3.jpg7月6日付で東京新聞が報じた成田空港収賄事件の記事です。


この事件では成田国際空港株式会社の上席役員の栗田好幸容疑者が成田国際空港株式会社法違反で逮捕されています。


成田国際空港株式会社法とは聞き慣れない法律ですが2000年(平成12年)12月1日に「行政改革大綱」が閣議決定された事に伴い、全ての特殊法人等の事業や組織形態について見直しを行った結果公団が民営化された事に伴い作られた法律です。


同法第十八条    会社の取締役、執行役、会計参与(会計参与が法人であるときは、その職務を行うべき社員)、監査役又は職員が、その職務に関して、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、三年以下の懲役に処する。これによって不正の行為をし、又は相当の行為をしなかったときは、五年以下の懲役に処する。


とする法令に違反し逮捕されています。


栗田容疑者の手口は、事務用品などの発注に関して200万円以下の少額の契約では自らの権限で随意契約が出来る事を悪用し、贈賄側の越川勝則容疑者の関連会社に発注し、その見返りとして60万円を受取っていました。


同時にオフィス用品会社手がける越川美奈子容疑者も贈賄で逮捕されています。


墨田区も随意改訳が多く、教育委員会の管理下では特定の業者に発注が集中するなど不自然な随意契約が目立ちます。


情報をお持ちの方は情報をお寄せ下さい。

nice!(6) 
前の10件 | - 各種問題 ブログトップ