So-net無料ブログ作成
日本の農業を守ろう! ブログトップ

東京銃砲安全協会連合会・安全指導委員会・警視庁主催の射撃研修会が実施されました [日本の農業を守ろう!]

20170930-1.jpg30日東京銃砲安全協会連合会・安全指導委員会・警視庁主催の射撃研修会が実施されました。


これは猟期がこれから始まりますので銃器の安全で正しい取扱いを再確認すると共に射撃技術の向上と事故防止を目指して研修会が行われました。


ご覧の写真は大口径ライフルの射撃研修の光景で遥か彼方の100メートル先の標的に当てるものですが、成績よりも銃器の安全で正しい取扱いについて安全指導委員や警視庁の方がチェックしています。


20170930-3.jpg後ろから安全指導員や警視庁の方が銃器の取り扱いをチェックしています。


特に大口径ライフルは厳しくチェックされますが、誰も減点される事はありませでした。


20170930-2.jpgこれが私の愛用のライフルのブローニングBARマーク3ライフルでブローニング社の最新モデルで狙い易く大口径でも反動が少なく撃ち安く素晴らしい性能の狩猟用自動式ライフル銃です。


20170930-6.jpgこの銃のお蔭で得点は89点でしたが、100メートル先の標的の直径10センチ以内の円に入っており狩猟では獲物を苦しませず急所を一撃で確実に捕えられる事を意味します。


反省点としてスコープの調整が上下左右共にまだ甘かったと思います。


20170930-4.jpgこちらはクレー射撃の方ですが若い人の割にすごく高価な銃、推定150万円はする銃で目を引きましたが、射撃の正確でこれから楽しみだと思います。


20170930-5.jpg研修結果の報告と猟期を迎えての注意事項の訓示があり研修会が終了しました。


最近有害鳥獣が増え過ぎて農業被害は毎年200億円と言われておりますが、ハンターの高齢化や減少は深刻で増える量に駆除が追い付かないのが現実です。


こうした農業被害は農業の衰退や限界集落の消滅へと繋がりますので皆様のご理解とご協力が必要です。


特に最近問題なのがペットとして飼われていた外来種が野生化してしまい自然の生態系を破壊しています。


これが大変厄介で繁殖力もすごく駆除が難しいものもございますので外来種は飼わない、野山に放さないようにしませんと農業被害だけでなく自然の生態系を破壊したり、病原菌の繁殖等に繋がりますので責任ある行動が求められています。

nice!(3) 
共通テーマ:ニュース

今年のお米は凶作の予感!世界的にお米の価格は上昇傾向! [日本の農業を守ろう!]

20170817-1.jpg8月に入り天候の影響が農作物の収穫を直撃しそうで、特にこの時期に暑くならず日照が足らない為に数十年ぶりの米の凶作になる恐れがあります。


来月には新米が出回る様になりますが、お米の品質の低下や味が落ちそうですが価格は高騰しそうです。


20170817-2.jpg農水省の資料から世界的に穀物価格が上昇傾向にあり、お米の価格は上昇傾向にあります。


20170817-3.jpgこれは日本農業新聞に掲載されたお米の民間在庫量と相対取引価格の推移のグラフですが、ここ数年在庫が減少傾向ですから、今年凶作となるとお米の価格が高くなる事が予想されます。


深刻なのは日本の食糧自給率が38パーセントまで減り、今後FTAやTPPで国際的な価格競争で日本の農業は衰退してしまう傾向にあります。


その一方では北朝鮮のグアムへのミサイル発射予告問題からアメリカの国民の怒りが世論を動かし戦争が起こる危険性があります。


北朝鮮では今年の天候状況から歴史的な凶作になる事が予想されながら、国際的な経済制裁で輸出入が止められておりますので飢えた国民を統治する為に戦争と言う形にならざるを得ないと思われます。


仮に戦争になりますと先ず物流が停滞しますので食料輸入の多い我が国も何らかの影響を受けますので世界情勢の推移に関心を持つと同時に、万一に備えて穀物を中心に食料の確保をお勧めいたします。

nice!(13) 
共通テーマ:ニュース

アメリカの穀物価格の急激な乱高下の意味!金価格高騰にみる世界的異変の兆候! [日本の農業を守ろう!]

20170606-1.jpg6日のコーン価格を1時間足のチャート描いてみますとで大引けにかけて急騰している事が分かります。


これに対して6日の大豆相場を同様に1時間足のチャートにしてみると次の様になります。


20170606-4.jpgコーンとは全く逆の動きをした事がお分かりになると思います。


こうした極端な値動きの裏では何らかの思惑が隠されていますので注意が必要です。


アメリカの農務省のスカウト局長は、「土壌水分は引き続き乾燥し、作物の状態は悪化した」と述べたそうですから、アメリカでは干ばつが広がり穀物価格は先物を中心に値上がり傾向である事が予想されます。


それなのに何故大豆が作日の大引けに売られたのでしょうか。


この背景には日本のこれまでの努力が考えられます。


日本は1980年ごろまでアメリカに輸入の大部分を依存していましたが、その後、日本の支援でブラジルが大増産となり2015年の国別輸入量はアメリカ233万トンに次ぐ51万トンがブラジルからの輸入になっているからです。


つまり米国で大豆価格が上がるとブラジルで更に増産が進む恐れがある事を懸念した動きである事が推測されます。


20170606-5.jpgこれが世界の大豆の生産量と消費量ですが、生産ではブラジルの追い上げが米国の大豆生産の脅威になっている事が分かります。


日本の努力が結果的に大豆価格の上昇を抑え、米国が推進する遺伝子組み換え大豆の拡散を押さえる結果になっているのかも知れません。


その他の不安要因として金価格の上昇があり世界的な混乱が起こる兆候かもしれませんのでご注意下さい。


20170606-3.jpg北朝鮮の度重なる弾道ミサイルの発射や国連安全保障理事会でチャイナ、ロシアまで制裁決議に賛成した事を受けて金価格は急騰しています。


金価格は軍事的緊張が高まりますと上昇しますので朝鮮半島情勢を予測する鍵になりますので今後も金価格から目を離さない方が良いかも知れません。

nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

向島猟友会の新年会が開催されました! [日本の農業を守ろう!]

20170130-1.jpg22日開催された協猟会では8匹猟犬を使いキジ猟が行われました。

やはり自然の綺麗な空気の中で仲間と猟を行うのは良いもので、帰りに皆でその土地での郷土料理を食べて帰るのも楽しいものです。

26日には向島猟友会の新年会があり参加させていただきましたが、今年は今の所事故や怪我が無く、天候ににも恵まれ良い狩猟が出来た様です。

会場では先日捕獲したイノシシ肉で焼肉が行われジビエならではの美味さでこれはハンターならではの役得かも知れません。


nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

お正月飾りは純国産品を飾りましょう!お正月飾りは歳神様をお迎えする大切な御印! [日本の農業を守ろう!]

20161225-1.jpgクリスマスが終わると我が家ではお正月飾りの飾り付けを行いますが、正式には12月13日から28日までに行うのが良いそうです。

写真のものは国産材料で国内生産に拘りましたので最初は島忠ホームセンターで探しましたが、昨年と大きく変わりメイドインチャイナばかり置かれていたのでここでは買わず、ネットで純国産品を検索して買う事にしました。

お正月飾りは清められた歳神様を迎えする場所である事の印ですから、純国産品のわらを使い清潔な環境で作られた国産品を飾る方が歳神様が降りて来やすいのではないでしょうか。

つまり、歳神様が降りて来てくだされなければお正月飾を飾る意味がありませんから、単に価格が安いからと外国製を買ってしまう事や業者も海外の方が安く利ざやが取れると輸入や販売する業者も安易に利益を追いすぎると思われそのうち罰が当たるかも知れません。

日本の歴史的な習慣であるお正月飾はこうした意味と東北等の雪が深く農閑期の農家の仕事が無い地域では、農閑期で仕事が無い為に農家の人々の生活の糧を守り仕事を作る事も兼ねています。

農家の仕事を安定させ出来るだけ出稼ぎをしなくても済む様にする為には、農閑期の仕事を作り出来るだけ農業に専念できる様にする事が国全体の食糧を確保する上でも大変重要だからです。

最近、グローバル化が進み価格競争が激しくなった結果、皆さんの収入が減り、更に格差が拡大する最大の原因が消費者が価格が安い事にだけ目を奪われた結果、回り回って結果的に自分達の仕事が海外に行ってしまい仕事が無くなっている事に気付くべきです。

お正月飾りは外国産になる事は日本の農業が衰退する事を予感させ、結果的には農業の後継者が居なくなり日本の食糧自給率が現在39パーセントまで落ち込んでいますが、時間の問題でその半分程度まで落ち込む恐れがあります。

こうなって来ると、世界的な凶作が起これば食糧価格は暴騰し、食べ物を買えない人達が出て来る恐れがあります。

単に価格が安いと外国産を買った結果、その行為が自分達の生活を破壊してしまう事に気付いてほしいと思います。


nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

平成28年狩猟期のイノシシ猟に見る筑波山における自然の状況! [日本の農業を守ろう!]

20161223-1.jpg22日本所と向島の猟友会のメンバーと八郷市の猟友会のメンバーとの協猟会が開催されました。

ご覧の山肌は樹木が伐採され植林された地域ですがせっかく植えた苗木がイノシシに堀荒らされて枯れてしまって居る場所が広がっていました。

こうした場所には電源が無い事や地形的に電気柵が張れませんからある程度捕獲して山奥から出て来ない様にするしかありません。

昨年のイノシシ猟では120キロクラスの大型のイノシシに猟友会のメンバー1名が突っ込まれ重傷の怪我をされた事をふまえ慎重に山へ入りました。

しかしながらこの急斜面はきつく足元も良くありませんので息切れしながら道なき道を進みます。

20161223-2.jpgこれが自然の山の中に居るイノシシですが、実際に見ると森の住民と言うか神秘的な魅力を感じます。

最近イノシシが増えて農業被害が大きい事から自治体では1頭につき8千円前後の報奨金を出していますが、イノシシは年2回繁殖し6~8頭生まれるそうですから捕獲が追い付かないのが現実です。

捕獲も危険が伴いますので集団でないと万一怪我などした場合、中々発見出来ない恐れがあります。

こうした場所にはイノシシ用の罠が仕掛けてありますので、猟犬は連れ込みません。

イノシシも命がけですから危ないと思うと最後は突進して来ますので立ち塞がらずに咄嗟に身をかわせる体制で構える必要があります。

20161223-3.jpg捕獲した後は役場の職員を呼びますと、捕獲した日付をスプレーで書き証拠の写真を撮ってくれますので、捕獲の届け出と食品としての安全検査を受けてから解体して食肉に加工します。

2011年の原発事故の時には、放射能検査がありましたが、最近では検出されないそうです。

この日捕獲されたのがイノシシ5頭でした。

例年ですと大きいのが2~3頭のですが、今年は小ぶりですが5頭も取れました。

これを行うには国家資格の狩猟免許と猟期中は県ごとの狩猟者登録証が必要でこれにかかる費用は1県で41,000円かかります。


nice!(1) 
共通テーマ:ニュース
日本の農業を守ろう! ブログトップ