So-net無料ブログ作成
日本文化 ブログトップ
前の10件 | -

皆様に福、徳、寿などを与える七福神のご利益を!隅田川七福神の歴史を知ろう! [日本文化]

20180104-1.jpg元旦から七草までの間に七つの福徳神を祀る寺社を巡る隅田川七福神巡りは、江戸時代から始まった開運を祈る行事です。


隅田川七福神の始まりは、文化元年に佐原鞠塢らの文人達が福禄寿にちなんだ正月の楽しみ事は無いかと話し合った結果、七福神巡りを考案した事が切っ掛けの様です。


そこで質問です。


都内に様々な七福神巡りがございますが、その発祥は誰だったのでしょうか。


それは、上野にある寛永寺の開祖天海大僧正が家康公に対し「公はこの乱世を治め、天下泰平の基を築く福徳を備えている」と述べ、七福神のもつ七つの福徳を書いて示したのです。


20180104-2.jpg家康公はこれを見て大いに喜び、すぐに狩野探幽(かのうたんゆう)に命じてご覧の様な伝七福神の画を描かせこれが今の七福神画の基になりました。


それでは七福神をご紹介しましょう。


寿老人様は、白髪の円満なお顔の老人で、よく傍に鶴と鹿が描かれ、この神様は南極星が神格化された神様で、人の寿命を司どるので寿星とも呼ばれ長寿を表しています。


福禄寿様は、長い頭をした老人で、杖をもっています。頭が長く長頭は人望をあらわすとされ、この神様も同様に南極星が神格化された人望を表す神様なのです。


恵比寿様は、大黒天すなわち大国主命(おおくにぬしのみこと)の子、事代主命(ことしろぬしのみこと)だといわれ、このため恵比寿・大黒といってこの二神を並べて祀れあれます。


この恵比寿は裸に近い格好で鯛を抱え、おおらかにほほえむお姿で、まさに足ることを知った無欲な神様で、天海大僧正もよく引用された古歌「事たらば足るにまかせてことたらす、足らずことたる身こそ安けれ」の一首は正にこの神様の心を詠んだ歌です。


この知足の心は素直で正直な心から生れるので、この神様は正直の真をあらわすとされます。


布袋様は、契此(けいし)という中国の実在のお坊さんで、いつも杖と袋をもっていたのでこの名で呼ばれました。


後には辞世の文句から弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身として崇められ、その大変大きなお腹から度量の広い大量の神様ともされました。


毘沙門天は、多聞天(たもんてん)とも呼ばれ、もともと帝釈天(たいしゃくてん)の四天王の一人ですが、その武装したお姿から威光をあらわす神様と考えられ、戦国の武将武田信玄は毘沙門天の幟を掲げ戦いました。


大黒天は、もともとは武力の神でしたが、後にインドのお寺の台所に祀られ、毎日油で身体を拭われたため、真黒になったので大黒天と呼ばれたそうです。


わが国では大黒は大国に通じることから大国主命と同じ神とされ、更に物を司どる大物主命(おおものぬしのみこと)とも同体だと考えられたため、財富をあらわす神様とされたそうです。


辨財天は、もともとインドの河の神で、河川のせせらぎから音楽、芸能を、また「水を治める者は国を治む」ということから武力、そして河川は肥沃な土地を造り生産物を生むことから財富を司どる神様ともされています。


また同時にその優しいお顔やお姿から愛敬をあらわす神様とも考えられた様です。


今年も当ブログご愛読の皆様に七福神のお恵みがありますようにお祈り致します。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

お正月に御節料理とお雑煮なぜ食べるの?日本の伝統文化の謂れを知ろう! [日本文化]

20180103-1.jpgこれが我が家の御節料理ですが、今は便利でネットで予約すらば年末に段ボールに一つ一つ真空パックされた具材が届き袋を開けて並べるだけで誰でも御節料理が作れます。


お雑煮は結婚した時に私と家内の家のお雑煮の食べ比べをして美味しい方を採用しょうと言う事になり結果的に大瀬家伝統のお雑煮が勝利し、以来私がお雑煮を作っています。


作り方は鶏がらでスープを作り、別に鶏肉をみりん、日本酒、醤油(適量)を圧力鍋に入れて煮込んで作りますが、目分量ですから計って作った事がありませんのですみません。


御餅を焼いたらお椀にスープを入れ次に鶏肉の煮込んだものとこのたれを入れ混ぜ合わせ御餅を入れて、ほうれん草、伊達巻、鳴門巻を飾り付ければ出来上がりです。


お椀の前にある紅白の箸袋に入った雑煮箸は、柳材の塗りのない丸いものを使われていて、普段使うお箸は食べ物を挟む先の方が細く、握る方は太くなっていますが、雑煮箸は天地が同じように細く、どちらからでも食べられるように作られているのは何故でしょうか?


お正月は、歳神様あるいは御祖霊をお迎えして今年のご加護を祈る行事ですから、玄関先にお飾りをしたり門松をするのは歳神様がこれを目印に降りて来られ家の中にいらっしゃるのです。


一家揃って神棚にお祈りした後、なおらい(神人共食の儀礼)と言って御祖霊へのお供えのお下がりでお雑煮を作り、御祖霊に召し上がって頂き、そして家族もいっしょに頂戴する事で神仏のご加護が私たちに授かります。


雑煮箸が天地両用食べられるようにできているのは、その用に供する事で御祖霊と人との「はしわたし」となるのです。


お正月は一家の無病息災や繁栄を祈る行事ですから、家族全員揃って迎える事が大切です。

御節料理にも様々な意味があり、お重に盛られるのは、めでたさを重ねるという意味があり、酒の肴になる甘めの料理が一の重に、二の重には縁起のいい海の幸を焼き物で、三の重は山の幸で家族が仲良く結ばれるように煮しめを入れます。

nice!(10) 
共通テーマ:ニュース

素晴らしかたった三鷹市市民文化祭現代日本舞踊の会! [日本文化]

20171105-1.jpg5日三鷹市芸術文化センター星のホールで行われました三鷹市市民文化祭現代日本舞踊の会を拝見しに三鷹市に行きました。


この日はトランプ大統領来日で交通機関が混乱する恐れがあるので早めに出ましたら逆に早く着き過ぎてしまいました。


とても綺麗なホールで作りも使い易い構造になっており、舞踊用の所作台も綺麗で大道具が搬入できる搬入口も用意され使い易く工夫されている事に驚きました。


ちなみに墨田区と三鷹市の違いは墨田区の人口は26万人で、三鷹市の人口は約17万人ですが大きな違いは、墨田区には現在大学が1校も無く今後千葉大の分校が来る予定ですが、三鷹市は国際基督教大学、 杏林大学、 ルーテル学院大学、 東京神学大学の4大学があります。


実際に踊りが始まると素晴らしいので驚きました。


本格的な日本舞踊から新舞踊まで幅が広い事や皆さんの情熱が伝わって来ますので今後益々盛んになりこの250席ほどのホールで狭くなるのではないかと感じました。


やはり同じ文化祭でも墨田区は130曲もの演目が出で午前10から午後7時頃までかかりますので墨田区の方が圧倒的に規模が多いのですが、三鷹市では52曲のエントリーがあり、午前11から午後4時までかかりました。


また、双方の地域性の違いも見られました。


それは、墨田区は任侠ものが多いのですが、三鷹では1曲あった程度で、帯の結び方も墨田区は後見結びが多く見られますが、こちらでは創作結びが多かった様に感じました。


墨田区は昔から舞踊が盛んなのは下町の伝統文化を支える向島の華やかな花柳界のおかげかも知れません。


仕事柄各地の舞踊の会を見に行きますが全国的に舞踊は盛んで、これが皆様の健康と活力になっている事を感じさせられます。


その為には舞踊が出来る環境、お稽古場や演じる場所を守らなければならないと思います。


nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

第64回墨田区文化祭 日本舞踊素踊り大会で老松を披露しました! [日本文化]

20171014-1.jpg14日第64回墨田区文化祭で日本舞踊素踊り大会が開催され曳舟文化センターで開催され、私大瀬康介は古典の日本舞踊で謡曲「老松(おいまつ)」を披露しました。(写真はまだ来て居ないので平成27年の写真です)


これは裏話ですが、ここのところ多忙続きで稽古に行く暇がなく、例え行けたとしても2回程練習するのがやっと言う状況が続いた為に前日まで踊りが仕上がって居ませんでした。


前日の稽古状態を知る舞踊仲間はどうなるのか心配されていました。


実はこの踊りは非常に振りが多い上に難しく余り踊る方が居ないのでこの日の演目には100人も出演しているのに私だけしか演じていません。


私も日本舞踊を始めてから25年も経ちますので一夜漬けで練習、舞台袖でも振りを確認する事などこれまではありませんでしたが、させていただきました。


これは、振りの流れを徹底的に頭に叩き込んで更に体が覚えて居ないと突然頭が真っ白になり振りが出て来なくなる恐れがあるからです。


仮にこうなっても舞台経験が豊富なら観客に見抜かれずに、当て振りと言って舞踊のある種のパターンを演じながらごましてながら時間を稼ぎ記憶が戻ったところで本来の舞踊の振りに戻しますと観客の誰にも見抜かれない方法です。


しかし、伝統芸能である日本舞踊ではNGで師匠はこれを見抜きますので、全て型どおり振り通りに舞わなければなりません。


今回は一夜漬けの効果で演目の全ての振りを型どおり舞う事が出来てほっとしました。


一般に本番に強いと言われる人の背景には、単なる舞台度胸だけでは無く、こうした努力があるのかも知れません。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

旧安田庭園の両国公会堂跡地に完成する刀剣博物館の概要のご報告!祝来年1月開館 [日本文化]

20171002-1.jpg先月の25日に行われました産業都市委員会で報告がございました旧安田庭園の両国公会堂跡地に完成する刀剣博物館の概要についてご覧の資料の提示がございました。


20171002-2.jpg刀剣美術館は代々木上原にあり私も高校生の時代に代々木の予備校に行った帰りに行って日本刀の美しさに感動を覚えその後も度々訪問した記憶がありますが、これが墨田区に来られるとの事でしたので当時一番先に視察に行かせてもらいました。


あれから30年以上も経過しますと刀剣博物館もかなり老朽化したと言う印象を受けましたが、当時と大きく変わったのが欧米系の外国人が多く殆どが外国人で人気の高さに驚きました。


私自身も日本刀が大好きでコレクションもありますが、日本刀の場合は刀の打ち方や刃紋焼き入れの状態からある程度刀工や年代が分かりますので現物を見て研究すればある程度目利きになれるのではないでしょうか。


特に大名が所蔵した刀剣は素晴らしいものが多く、刃紋の乱れや匂い金筋、肌など様々な美しさが見られますのでこうしたものが見所です。


20171002-3.jpgこれは開館までのスケジュールですが、来年1月18日にはプレオープンとの事で開館が楽しみです。


20171002-4.jpg1階の配置図です。


20171002-5.jpg2階の配置図です。


20171002-6.jpg3階の配置図で主な展示スペースはここになります。


刀剣ファンには開館が待ち遠しいのではないでしょうか。

nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

本所の総鎮守牛島神社!5年に1度の大祭!神幸祭鳳輦行列は平安繁栄祈願巡幸! [日本文化]

20170916-1.jpg15日は本所の総鎮守牛島神社の氏子町会を巡幸する鳳輦行列(ほうれんぎょうれつ)の鳳輦、つまり神様に一番近い場所で行列を行う吾妻橋二丁目町会の稚児連男女5名合計10名のお稚児様が整列しました。


光栄な事に我が子も参加させていただきご覧の装束がとても気に入った様です。


20170916-7.jpgいよいよ「古事記」や「日本書紀」では天孫降臨の際先導役として登場する天狗の面の猿田彦がやって来ました。


いよいよ鳳輦が近づいて来た事が分かります。


20170916-3.jpg鳳輦行列は130~150名がそれぞれの装束を付けて参加する荘厳なものですが、人気なのは鳳輦を引く牛で黒毛の大牛です。


20170916-4.jpg大きな牛が2頭登場し平安時代の牛車はこうした感じでまちを巡っていた時代を想い起こさせ、大きく見事な黒毛和牛でした。


鳳輦行列は牛のペースで進む為に予定時間を30~40分遅れて登場し、2頭居るのは牛が疲れない様に交代しながら引く為の様です。


20170916-5.jpgご巡幸される鳳輦の後ろには牛島神社の宮司が付き、その後ろに稚児連が続きます。

20170916-8.jpgその後ろに直衣(のうし)を来た代表青年が御神宝の刀、鉾、弓、祝幟を持って続きます。


やはりお祭りは地域を一つにしますし、日本の文化や伝統がこうして受け継がれる事は大変重要です。


しかし、こうした伝統文化が戦後GHQの占領政策で何の教義も強制されす八百万の神を認める自然や地域信仰に過ぎず宗教と言う概念がない神道を宗教とみなし意図的に衰退させようとさせています。


一般に宗教は排他的で他の神の存在を認めない為に歴史上、世界中で宗教戦争が繰り返されているのはこの為です。


日本の神道は教義も無く八百万の神を認めますから和と自然から人々が神の存在を感じ敬うものですから、これを宗教とみなしてしまう事は誤りである事は誰の目からも解る事です。


しかし、地域の和を良しとしない政治的思惑で地域を分断し地域を弱体化させ、日本を滅ぼそうとする意図を持つ対日工作で宗教指定している事に気付いていただければ幸甚です。


nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

もうすぐお月見!宇宙の神秘を見せるお月様の素顔に大接近! [日本文化]

20170908-1.jpg今夜お月様が綺麗でしたので撮影してみました。


20170908-2.jpgもうそそろお月見ですが、昔の人々はこの月の海を見てうさぎが餅を搗いている様に見えたそうです。


更に接近してみましょう!


20170908-3.jpg月に近寄ってみますとウサギの部分は複数の巨大な隕石が衝突したクレーターである事が分かり、ウサギはこのクレーターの影がそう見えたのかも知れません。


20170908-4.jpg月の下側の部分ですが無数のクレーターが見え物凄い速度で隕石が衝突したした事を感じさせる長い筋が見えます。


20170908-5.jpgこうやって見ますと月は広大でこの様な天体が無数にある事を考えますと地球が如何に小さなものであるかが分かります。


アポロ計画で人類が月に立ってからもう半世紀になりますが、その後探査が余り進んで居ないのは残念ですね。


20170908-6.jpgこれは私がワシントンの航空科学博物館で以前撮影したアポロ計画で使われた宇宙船の窓から撮影した船内ですが、非常に狭い空間で操縦桿は無く噴射をコントロールするボタンが大量にありこれで船体をコントロールするのは大変だったと思います。


未来をになう子ども達が宇宙への興味を持って下さり、宇宙の神秘を探っていただければと願います。

nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

靖国神社参拝!今年も国難に殉じられた英霊に感謝を申し上げました! [日本文化]

20170815-1.jpg平成29年8月15日今年も靖国神社へ参拝し国難に殉じられた英霊に感謝を申し上げました。


大学時代から毎年8月15日靖国神社に参拝させていただきますが、今年は小雨まじりの天気でしたが逆に涼しく参拝日よりでした。


毎年参拝していますと、昔の友人などと出会えて嬉しいのですが、お互い年を取ったなと感じざるを得ませんでした。


20170815-2.jpg混雑を避けて昨年よりも1時間程遅く午前8時頃に行きましたが相変わらず多くの人出が見られました。


以前はお年寄りが多かったのですが、大東亜戦争終戦から72年も経ちますと比較的若い人達が多くなりました。

20170815-3.jpg今年も警察が右翼団体の街宣車が入り込まない様に道路を封鎖している個所が増えた感じで例年と比べ格段に減った様に感じます。


ネット等で軍歌を大音響で我が物顔で走る街宣右翼は、実は本物の右翼ではなく在日韓国や朝鮮人が右翼のイメージを悪くする為にやっている事が暴露され、また暴力団系の右翼も暴対法の効果でその数も減って来た様に思われます。


私の職場が大手町だった頃は、暴力団や総会屋などと繋がった似非右翼が大企業の前で街宣車を並べて嫌がらせをする光景がよく見られましたが、暴対法の効果は絶大でこうした光景は見られなくなりました。


靖国周辺の警察の警備も以前とはかなり変わり、上の写真を見ても分かる通りテロを警戒してか殆ど全ての制服の警察官が拳銃を携帯していました。

nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

雨の中で開催された隅田川花火大会! [日本文化]

20170729-5.jpg29日隅田川花火大会が雨にもかかわらず開会されましたが、雨の中でも場所取りの為に多くの人々が三目通りが通行止めにされるのを待っていました。


私も地元の町会の方々とごみ箱の設置などのお手伝いをさせていただきましたが、やはりお天気が心配でした。


この日は友人会社の経営者の皆さんと向島で花火を見る事にしていましたが、余りにもあめがすごいので外に出ず室内で飲食する方が多くなってしまいました。


20170729-6.jpg少しだけ花火を見る事が出来ましたが、雨で座って見る事が出来ませんので、傘をさしながら立ち見になりました。


やはり雨が降ってしまいますとせっかく場所取りをしてもビニールシートに雨が溜まってしまいますと座れませんから残念でした。


それにしてもここ数年花火大会の時期は雨が降る事が多い様な印象をうけますが、天候の異変なのでしょうか。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

失われつつある日本の文化花街!江戸時代から引き継がれる向島の花柳界のご紹介! [日本文化]

20170625-8.jpg先日、私の友人が向島の料亭に行ってみたいとの要望があり会社の経営者を中心に希望者を募りますと予想外に多くの皆様がご参加くださいました。


私が若い頃、スカウトして下さった会社の社長が向島や浅草の花柳界に取引先を接待する事が多く常に同行させて下さり、接待を叩き込まれました。


その頃は、水戸街道は真っ暗なのに向島の花柳界はまるで別世界と言える程明るく、料亭が軒を連ね活気がありました。


その後も私が金融機関に転職すると、上司から採用された理由は接待が上手そうだからと言われ、金融機関では金利を扱う都合で金利は何処でも同じですから、気の利いた接待が出来るものが成功する男芸者の世界だと言われました。


まるで水を得た魚のごとく得意な分野ですので、接待する度にビックプレーヤーと言う人達と仲良くなり仕事の売上も見る見る内に大きくなりましたが、毎晩の様に家に帰れるのは午前さまでした。


職場は銀行の集中する大手町ですから取引先の接待は新橋や築地の料亭で食事をして二次会は銀座のクラブでと言うパターンが多いのですが、バブル期は予約が一杯の時は向島でお世話になる事もありました。


20170625-6.jpg芸者さんが交代で日本舞踊を踊り様々な演目を披露して下さいました。


バブル期には向島の料亭は芸者さんが400名も居ると言われましたが、今では120名位まで減ってしまった様ですが相変わらず綺麗な芸者さんがいらして日本最大の花柳界の威厳を感じました。


20170625-7.jpgご覧はのものは芸者さんとゲームをして楽しむもので、このお遊びも様々な種類がありますが、楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうものです。


仕事の接待の場合は、費用は会社持ちですから何らかの結果を出す必要がありますのでそれなりに大変です。


料亭から二次会に持ち込んでナイトクラブやバーで更に遊びながら懇親を深め、朝まで一緒に遊べる間柄になれば先ず成功です。


この間にお互いがどの様な人柄かわかりますし、別に仕事の話はしなくても取引先の方はちゃんと目をかけて下さる様になって下さりそれが結果に表れるものです。


更に、定期的に飲める仲になりますとお互いの職場を離れても電話一本で会える関係になれば、何十年もお友達関係が続くものです。


しかしながら、現在では時代の変化やグローバル化で接待が激減し、接待もしない会社が増えているそうで、しかも今の若者は昔の若者とは違い酒も飲まなくなっている様です。


むかし向島が栄えた要因は、中小企業が元気で余り利益を出し過ぎると多額の税金を取られますので、積極的に接待でお金を使い顧客を獲得したり、納期遅れを許してもらう為に利用する事が多かったと思います。


しかし、今では中小企業の仕事が減る一方でそれどころでは無いと言うのが実情です。


やはり中小企業が元気にならないと花街の活気は出ません。


基本的に経済は中小企業が銀行から借金をして設備投資しないと市場に現金が出回りませんから、中小企業が設備投資したくなる様な未来に希望が見え、確実に借金が返せる時代に変えて行く事が必要ではないでしょうか。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 日本文化 ブログトップ