So-net無料ブログ作成
墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究 ブログトップ
前の10件 | -

すみだ北斎美術館の謎を追う 第11話 2600万円のほととぎす聞く遊君図も利権の残滓!  [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161101-1.jpgご覧の肉筆は、墨田区が平成3年10月25日に25,750,000円で北斎の肉筆として購入した「ほととぎす聞く遊君図」です。

この肉筆について率直な疑問点を感じますのは、北斎の描く人物には、その人物の目線が対象物をきちんと捉えて描かれて居るものです。

しかし、この肉筆では遊君の目線は飛んでいるほととぎすを見て居らず、北斎らしく見せる為に北斎の過去の作品から写したパーツを貼りあわせだけの贋作であると私は鑑定させていただきます。

次に、遊君の座り方にご注目下さい、ふとんの角度等から考えますと実際にはどの様に座って居るのか分からない程いい加減な描写です。

この様な不自然な座り方では体に負担がかかりますから、ほととぎすを聞く程の余裕が無い筈です。

更に、疑問なのはほととぎすは飛びながらあの情緒ある鳴き声は出しません。

北斎ならこの様な描き方はしないだろうと思います。

そして、冷静に遊君の頭の位置や首の角度から人間の骨格の状態を考えて見れば、腕の位置や足の位置が極めて不自然です。

私が若い頃機械や製品の設計をして居た時に人間工学と言うものを学びましたが、これは人間の物理的な形状や動作などの身体的特徴、生理学、心理学的な側面から探求するものですが、これに当てはめると余りにも嘘が多いお粗末な肉筆なのです。

つまり遊君は垂直に近い角度で座って居なければ不自然なのです。

あれ程描き方を研究し観察された描写に優れた葛飾北斎がこの様な描き方をするでしょうか。

狂歌の部分の文字もしなやかさに欠け、墨の具合からかんり遅い筆の運びである事が感じられます。

江戸時代は筆は毎日使うものでしたたので、当時の人は素早く流れる様に描かないと墨の乾きも遅くなりますから効率が悪くなるので比較的に早く書く習慣があったのではないでしょうか。

筆跡も北斎の筆跡と比べて見ると分かりますが、筆跡が全く異なるのです。

最大の問題が、お値段だけが立派なこの肉筆がろくな検証もされず、平成23年のベルリンの北斎展等で展示されて居る事です。

20161101-2.jpgこれは1993年東武美術館で行われた大北斎展の図録での永田生慈氏の評論ですが、いかにも権威を振りかざすかの様な論調で、やたら常套的なほめ言葉の羅列でしかない事にお気付かれると思います。

これが北斎を代表する美人画の名品と書かれていますが、この構図や描写でどこがそうなのでしょうか。

専門家ほど真贋論になると水掛け論になる事を恐れて怪しいと感じても口をつぐんでしまうものです。

まるで、アンデルセンの童話のはだかの王様と同じで、うやうやしく権威ぶって常套的なほめ言葉の羅列をされてしまうと本物だと思わせるマインドコントロールの罠に嵌ってしまいますからご注意下さい。

墨田区のお役人はそもそも古美術の知識も経験も全くありませんから権威をふりかざす者の言いなりなりなり易いのです。

やはりこうしたものは、先入観や浅い知識は抜きにして、素の子供の目線で素直に物事を観察し良いものは良い、悪いものは悪いと主張すべきです。

古美術界の権威主義はアンデルセンの童話に出て来る二人の詐欺師と似て居て愚か者には見えない布を織ると言って王様たちを騙すのと似て居ますし、布地が見えたふりをして嘘をつく大臣、誰も逆らえない王様の構図が似ているのではないでしょうか。

こう言う人達は「北斎を知らない」とか些細な事柄を上げ連ねてそんな事も知らないのかと言う、まるで知識の無いものには北斎が理解出来ない等と言う言葉が出始めたら相手のペースに乗せられない様に要注意です。

美術品の様な価値が曖昧に見える世界では相手のエセ知識やプライドに付け込む巧妙な罠がございますのでご注意下さい。


nice!(9) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第11話第三寺島小学校 [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161021-1.jpg

これは平成27年度の墨田区立第三寺島小学校(中村奈緒美校長)の物品の購入総額4,889,247円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これを見ますと総合商社ベンキョウードー株式会社が発注額第1位であるだけで無く、この金額が突出しており金額も310万円超ですから馴れ合い関係が強い事が分かります。

つまり、学校の納入業者すら公平に扱えない学校が肝心の児童を公平に扱えるのでしょうか。

淮南子(えなんじ)の説山訓の中に「一葉の落つるを見て、歳のまさに暮れなんとするを知る」との記述から「一葉落ちて天下の秋を知る」と言う故事成語がございますが、区立学校のこうした行いが教育の崩壊を招いて居るかも知れません。

つまり、子供の教育を餌に利権を貪る輩が居て肝心の教育が崩壊を始めている事を示唆しており、こうした不届き者を教育現場から叩き出さなくてはなりません。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額4,889,247円に対するB社独占率は34%で総額で170万円程度で青線グラフですが、ここも同社が契約額は二番手以降と桁違いある事ほ言うまでもありません。

学校と言う地域への公益性や公平性を欠いた方が校長になってしまいますと児童に正しい事や公正に扱う事を指導したとしても、説得力に欠けてしまいますし、言って居る事とやって居る事の乖離がありますと児童は先生を信頼しなくなります。

20161021-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、区立学校の契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は真っ赤な嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く小規模企業や商店に対して裾野の広い発注をすべきではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

山本区長は私の区議会で特定の業者に発注が集中している問題についての答弁では「墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています」と答弁されています。

しかし、区立小学校全ての学校で総合商社ベンキョウードー株式会社が受注額1位を独占しており更に2位との差も桁違いに違う事を考えますと極めて組織的な官製談合がある事を示唆しているのではないでしょうか。

やはりこうした不公正な契約が行われる事は、組織が腐敗しており定められたルールが守られて居ない事が分かりますし、何よりも公正な事が行えない教育者に児童を教育させる訳には行きません

腐敗した組織や教育者、官僚を叩き出す必要がございますので、何卒ご理解と情報提供等のご協力をお願い致します。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第10話第三吾嬬小学校 [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161020-1.jpgこれは平成27年度の墨田区立第三吾嬬小学校(金谷政一校長)の物品の購入総額5,989,955円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これを見ますと総合商社ベンキョウードー株式会社が発注額第1位であるだけで無く、この金額が突出しており金額も310万円超ですから馴れ合い関係が強い事が分かります。

つまり、学校の納入業者すら公平に扱えない学校が肝心の児童を公平に扱えるのでしょうか。

淮南子(えなんじ)の説山訓の中に「一葉の落つるを見て、歳のまさに暮れなんとするを知る」との記述から「一葉落ちて天下の秋を知る」と言う故事成語がございますが、区立学校のこうした行いが教育の崩壊を招いて居るかも知れません。

つまり、子供の教育を餌に利権を貪る輩が居て肝心の教育が崩壊を始めている事を示唆しており、こうした不届き者を教育現場から叩き出さなくてはなりません。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額5,989,955円に対するB社独占率は52%で約311万円超の金額でありこの割合が50%を超えて居ますので赤線グラフで示しました。

こうしたものは学校長決裁ですから学校長の責任は重く、発注総額の50%以上を総合商社ベンキョウードー株式会社に公正を欠いた発注をしており、学校と言う地域への公益性や公平性を欠いた者が校長と言うのは許せません。

また、こうした行動で私服を肥やしたり天下りをしないかを追跡調査する必要もありますし、そもそも児童もこうした校長の指導など受けたくないと感じているのではないでしょうか。

20161020-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、区立学校の契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く小規模企業や商店に対して裾野の広い発注をすべきではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

山本区長は私の区議会で特定の業者に発注が集中している問題についての答弁では「墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています」と答弁されています。

しかし、区立小学校全ての学校で総合商社ベンキョウードー株式会社が受注額1位を独占しており更に2位との差も桁違いに違う事を考えますと極めて組織的な官製談合がある事を示唆しているのではないでしょうか。

やはりこうした不公正な契約が行われる事は、組織が腐敗しており定められたルールが守られて居ない事が分かりますし、何よりも公正な事が行えない教育者に児童を教育させる訳には行きません

腐敗した組織や教育者、官僚を叩き出す必要がございますので、何卒ご理解と情報提供等のご協力をお願い致します。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第9話第一寺島小学校  [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161019-1.jpgこれは平成27年度の墨田区立第一寺島小学校(保谷力校長)の物品の購入総額6,030,762円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これを見ますと総合商社ベンキョウードー株式会社が発注額第1位である事が分かります。

しかしながら、第一寺島小学校は区立小学校の中で最も総合商社ベンキョウードー株式会社への発注率が低いと言う点では第1位で比較的にましなほうだと思います。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額6,030,762円に対するB社独占率は17%で約100万円程度の金額でありこの割合は他の区立学校と比べますと区立小学校では最もましな方で青線グラフで示しました。

20161019-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、区立学校の契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く小規模企業や商店に対して裾野の広い発注をすべきではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

山本区長は私の区議会で特定の業者に発注が集中している問題についての答弁では「墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています」と答弁されています。

しかし、区立小学校全ての学校で総合商社ベンキョウードー株式会社が受注額1位を独占しており更に2位との差も桁違いに違う事を考えますと極めて組織的な官製談合がある事を示唆しているのではないでしょうか。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第8話偏在1位小梅小学校 [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161018-3.jpgこれは平成27年度の墨田区立小梅小学校(五十嵐光春校長)の物品の購入総額4,441,344円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額4,441,344円に対する独占率は33.7%で約150万円近い金額でありこの割合は他の区立学校と比べますとまだましな方で青線グラフで示しました。

20161018-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く小規模企業や商店に対して裾野の広い発注をすべきではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

山本区長は私の区議会で特定の業者に発注が集中している問題についての答弁では「墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています」と答弁されています。

しかし、区立小学校全ての学校で総合商社ベンキョウードー株式会社が受注額1位を独占しており更に2位との差も桁違いに違う事を考えますと極めて組織的な官製談合がある事を示唆しているのではないでしょうか。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第7話偏在1位言問小学校58.8%  [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161017-4.jpgこれは平成27年度の墨田区立錦糸小学校(和田浩二校長)の物品の購入総額4,859,513円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これは後で天下りなどの経過を追跡調査する際に検索エンジンでその流れを掴む事が可能になるからです。

その理由は、こうした不公正な契約と天下りが深く関連しており、その片棒を担いだ人達がその後どうなっかを追跡する為です。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額4,859,513円に対する独占率は58.8%で約300万円近い金額ででありこの割合は他の区立学校と比べますと最悪で、区立学校中ワースト1位、赤線グラフで示しました。

20161017-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

これをご覧いただけば発注額トップの総合商社ベンキョウードー株式会社と他の業者との落差が極めて高く不自然な契約が行われている事がわかります。

しかも言問小学校は区立学校中ワースト1位ですので、和田浩二校長の人間像やものの見方考え方を調査する為に情報を皆さんから募集したいと思います。

秘密は厳守しますので情報をお寄せ下さい。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く裾野の広い発注をすべきでではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第6話隅田小学校38.8%  [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161016-1.jpgこれは平成27年度の墨田区立錦糸小学校(和田浩二校長)の物品の購入総額6,262,440円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

基本的には区立学校の物品の購入は校長決裁となって居ますので校長名を敢えて書かせていただきました。

これは後で天下りなどの経過を追跡調査する際に検索エンジンでその流れを掴む事が可能になるからです。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額6,262,440円に対する独占率は38.8%で約200万円近い金額ですがこの割合は他の区立学校とと比べるとまだ低い方で、青線グラフで示しました。

20161016-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

これをご覧いただけば発注額トップの総合商社ベンキョウードー株式会社と他の業者との落差が極めて高く不自然な契約が行われている事がわかります。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く裾野の広い発注をすべきでではないでしょうか。

それにしてもこうした問題があり税金が無駄に使われているのに、私以外の区議会議員は見て見ぬふりをしたり、こうした問題に取り組もうとされないのは何故でしょうか。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第5話錦糸小学校38.9%   [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161015-1.jpgこれは平成27年度の墨田区立錦糸小学校(伊藤康次校長)の物品の購入総額5,102,457円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額5,102,457円に対する独占率は38.9%で約200万円近い金額ですがこの割合は他と比べるとまだ低い方です。

20161015-2.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

これをご覧いただけば発注額トップの総合商社ベンキョウードー株式会社と他の業者との落差が極めて高く不自然な契約が行われている事がわかります。

山本区長は私の議会での質問に対して「指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです」と述べていますが、契約の大部分が総合商社ベンキョウードー株式会社では区長の答弁は嘘であると言わざる得ません。

区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く裾野の広い発注をすべきでではないでしょうか。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(8) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第4話業平小学校50.5%  [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161013-2.jpgこれは平成27年度の業平小学校(瀬戸英一校長)の物品の購入総額5,399,687円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

総合商社ベンキョウードー株式会社の物品の購入総額5,399,687円に対する独占率は50.5%で約300万円近い金額です。

20161013-5.jpg詳しくは、当該グラフの基となる契約先と契約金額をご覧ください。

こうした異常とも言える総合商社ベンキョウードー株式会社への発注の偏在について山本区長と加藤教育長の第2回定例会での答弁とご覧ください。

◎区長(山本亨君) ただいまの墨田オンブズマン、大瀬議員のご質問に順次お答えをいたします。

 最初に、私の平成28年第1回定例会における競争入札に関する答弁について7点の質問がありました。改めて、これらの用語について説明します。

 競争入札とは、一般競争入札と指名競争入札の総称です。一般競争入札は、広く多数の希望者を集めて入札の方法により競争するものであり、指名競争入札は、適当と認める複数の相手方を指名し、その者が入札の方法により競争するものです。したがって、私の答弁に矛盾はありません。

と述べていますが、実際には「広く多数の希望者を集めて入札」は実際には行われて居ません。

 次に、私の「今後も透明性と公平性を確保しつつ競争入札等により契約手続を行っていきます」という答弁と、一部の業者に発注が集中しているというご指摘に対して、私が「公平な競争の結果」と答弁したことについてです。

 競争入札という用語の定義については、先ほど説明したとおりです。契約の方法は、法令により定められており、区が物品を購入する場合には、競争入札のうち、指名競争入札及び随意契約の方法によって、適正な契約手続を行っています。

地方自治法の原則は競争入札ですが、墨田区は地方自治法施行令第6章の指名競争入札と随意契約だけが過度に拡大解釈され乱用しています。

第百六十七条   地方自治法第二百三十四条第二項 の規定により指名競争入札によることができる場合は、次の各号に掲げる場合とする。
一   工事又は製造の請負、物件の売買その他の契約でその性質又は目的が一般競争入札に適しないものをするとき。

二   その性質又は目的により競争に加わるべき者の数が一般競争入札に付する必要がないと認められる程度に少数である契約をするとき。

三   一般競争入札に付することが不利と認められるとき。

特に上記三の「一般競争入札に付することが不利と認められるとき」が乱用され一般競争入札では総合商社ベンキョウードー株式会社が不利になる為に指名競争入札と随意契約だけが使われていると考えるべきです。

山本区長:指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです。このようなことから、「公平な競争の結果であると認識しています」と答弁をしたところです。

解説:区長のこの答弁は全くの嘘で「区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く裾野の広い発注をすべきです。

山本区長:今後もこのような考え方に基づき、物品の契約手続を行っていきます。

解説:山本区長はこの様におっしゃっておりますので総合商社ベンキョウードー株式会社だけを優遇する契約を続けると言う趣旨の発言で、利権を確保する為に税金が湯水のごとく注がれる体質の張本人は山本区長自身である事が分かります。

山本区長: 次に、私が契約手続について、「これらの手続に瑕疵はないものと認識している」と答弁したことについて、不公正な結果にも関わらず、これらの手続に瑕疵はないと答弁できるのか、これらの手続とは具体的に何を示すのかという質問です。

 前回答弁したとおり、区の契約は、原則として競争入札によって締結することが法令で定められており、規則や要綱で指名の基準等を定め、瑕疵のない契約手続を行っています。

解説:これもおかしな答弁で規則や要綱で指名の基準等を定めているにも関わらず、これが適切に守られておらず、逆に悪用されており、指名の基準は馴れ合い業者に甘く、他の業者や新規業者に高い障壁を設けて参入させません。

山本区長:その手続とは、例えば物品を指名競争入札により購入する場合は、予定価格に応じて業者を複数指名し、入札によって落札者を決定するものです。

解説:ここも山本区長は建前論だけで、実際には同じ業者だけを呼んで複数指名したかの様な形を取りながら常時同じ業者だけが呼ばれますので内部で調整すれば談合で受注出来る余地を墨田区主導で作って居る事が様々な資料からわかります。

詳しくは、当ブログの過去の記事をご覧いただければ誰でもお解りになると思います。

山本区長: 次に、規則や要綱で定められている指名の基準等が守られているのかとのご質問です。

 墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています。

解説:この部分に墨田区の入札や契約が特定の企業や外郭団体だけに流れる仕組みがあり、利権に関わる業者だけが実績が作れ、それ以外の業者は入札にそもそも指名されませんから墨田区物品等業者指名基準に達する事が不可能です。

更に、外郭団体優遇では「区と密接な関係」と言う文が入札仕様書に入って居ますと、墨田区や東京都の天下りが居る外郭団体だけが受注できる仕組みが過去の落札結果から読み取れます。

山本区長: 次に、区の入札参加における指名基準の見直しについてです。

 前回「現行の指名基準でも、指名業者数を増やすことは可能であり、基準については見直す必要はないと考えます」と答弁をしており、現在もその考えに変更はありません。今後も、競争性、公平性の原則にのっとり、透明性の確保に努め、適正な契約手続を行っていきます。

解説:山本区長は「見直す必要はないと」と言っておりますので、こうした原因の大本は山本区長にある事を自ら明確に述べています。

つまり、山本区長の誕生も利権を持つ人達に担がれただけで、自ら何も出来ない区長ですよと言って居るのです。

つ図いて加藤教育長答弁をご覧ください。

教育長(加藤裕之君) 墨田オンブズマン、大瀬議員の私に対するご質問に順次お答えします。

 最初のご質問は、業者指名基準の見直しについてです。

 先ほどの区長答弁のとおり、教育委員会としましても、現在の指名基準は適正であると考えており、今後も区の定める基準に従い運用していきます。

競争性、公平性の原則にのっとり、透明性の確保に努め、適正に契約手続を行うよう、各学校に対して指導を続けていきます。

解説:この答弁から加藤教育長も山本区長の発言を踏襲しただけで、何も独自の発言をしない官僚的な答弁でこの御仁は元東京都の官僚で山本区長が連れて来たのですが、この背後には区長と教育長をセットで送り込んだ利権の存在がプンプン臭います。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

公正な競争が存在しない墨田区立学校の契約の実態!第3話菊川小学校41.2% [墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究]

20161013-1.jpgこれは平成27年度の菊川小学校(島村博校長)の物品の購入総額4,868,250円の契約先の分布をグラフ化しあものです。

これを見ますと他社を圧倒して総合商社ベンキョウードー株式会社がほぼ独占的に発注を受けて居る事が明らかである事が分かります。

20161013-4.jpgこれが当該グラフの基となる契約先と契約金額です。

こうした異常とも言える総合商社ベンキョウードー株式会社への発注の偏在について山本区長と加藤教育長の第2回定例会での答弁とご覧ください。

◎区長(山本亨君) ただいまの墨田オンブズマン、大瀬議員のご質問に順次お答えをいたします。

 最初に、私の平成28年第1回定例会における競争入札に関する答弁について7点の質問がありました。改めて、これらの用語について説明します。

 競争入札とは、一般競争入札と指名競争入札の総称です。一般競争入札は、広く多数の希望者を集めて入札の方法により競争するものであり、指名競争入札は、適当と認める複数の相手方を指名し、その者が入札の方法により競争するものです。したがって、私の答弁に矛盾はありません。

と述べていますが、実際には「広く多数の希望者を集めて入札」は実際には行われて居ません。

 次に、私の「今後も透明性と公平性を確保しつつ競争入札等により契約手続を行っていきます」という答弁と、一部の業者に発注が集中しているというご指摘に対して、私が「公平な競争の結果」と答弁したことについてです。

 競争入札という用語の定義については、先ほど説明したとおりです。契約の方法は、法令により定められており、区が物品を購入する場合には、競争入札のうち、指名競争入札及び随意契約の方法によって、適正な契約手続を行っています。

地方自治法の原則は競争入札ですが、墨田区は地方自治法施行令第6章の指名競争入札と随意契約だけが過度に拡大解釈され乱用しています。

第百六十七条   地方自治法第二百三十四条第二項 の規定により指名競争入札によることができる場合は、次の各号に掲げる場合とする。
一   工事又は製造の請負、物件の売買その他の契約でその性質又は目的が一般競争入札に適しないものをするとき。

二   その性質又は目的により競争に加わるべき者の数が一般競争入札に付する必要がないと認められる程度に少数である契約をするとき。

三   一般競争入札に付することが不利と認められるとき。

特に上記三の「一般競争入札に付することが不利と認められるとき」が乱用され一般競争入札では総合商社ベンキョウードー株式会社が不利になる為に指名競争入札と随意契約だけが使われていると考えるべきです。

山本区長:指名競争入札を行う理由は、競争性や契約履行の確実性を担保するとともに、区内中小企業の育成を図るためです。このようなことから、「公平な競争の結果であると認識しています」と答弁をしたところです。

解説:区長のこの答弁は全くの嘘で「区内中小企業の育成を図るため」なら総合商社ベンキョウードー株式会社に発注の半分前後を受注させるよりも、幅広く裾野の広い発注をすべきです。

山本区長:今後もこのような考え方に基づき、物品の契約手続を行っていきます。

解説:山本区長はこの様におっしゃっておりますので総合商社ベンキョウードー株式会社だけを優遇する契約を続けると言う趣旨の発言で、利権を確保する為に税金が湯水のごとく注がれる体質の張本人は山本区長自身である事が分かります。

山本区長: 次に、私が契約手続について、「これらの手続に瑕疵はないものと認識している」と答弁したことについて、不公正な結果にも関わらず、これらの手続に瑕疵はないと答弁できるのか、これらの手続とは具体的に何を示すのかという質問です。

 前回答弁したとおり、区の契約は、原則として競争入札によって締結することが法令で定められており、規則や要綱で指名の基準等を定め、瑕疵のない契約手続を行っています。

解説:これもおかしな答弁で規則や要綱で指名の基準等を定めているにも関わらず、これが適切に守られておらず、逆に悪用されており、指名の基準は馴れ合い業者に甘く、他の業者や新規業者に高い障壁を設けて参入させません。

山本区長:その手続とは、例えば物品を指名競争入札により購入する場合は、予定価格に応じて業者を複数指名し、入札によって落札者を決定するものです。

解説:ここも山本区長は建前論だけで、実際には同じ業者だけを呼んで複数指名したかの様な形を取りながら常時同じ業者だけが呼ばれますので内部で調整すれば談合で受注出来る余地を墨田区主導で作って居る事が様々な資料からわかります。

詳しくは、当ブログの過去の記事をご覧いただければ誰でもお解りになると思います。

山本区長: 次に、規則や要綱で定められている指名の基準等が守られているのかとのご質問です。

 墨田区物品等業者指名基準や墨田区物品等業者指名基準運用指針において、業者の指名方法、指名業者数並びに公平な指名回数の配慮を定めており、これらの基準に従い、適正な契約手続を行っています。

解説:この部分に墨田区の入札や契約が特定の企業や外郭団体だけに流れる仕組みがあり、利権に関わる業者だけが実績が作れ、それ以外の業者は入札にそもそも指名されませんから墨田区物品等業者指名基準に達する事が不可能です。

更に、外郭団体優遇では「区と密接な関係」と言う文が入札仕様書に入って居ますと、墨田区や東京都の天下りが居る外郭団体だけが受注できる仕組みが過去の落札結果から読み取れます。

山本区長: 次に、区の入札参加における指名基準の見直しについてです。

 前回「現行の指名基準でも、指名業者数を増やすことは可能であり、基準については見直す必要はないと考えます」と答弁をしており、現在もその考えに変更はありません。今後も、競争性、公平性の原則にのっとり、透明性の確保に努め、適正な契約手続を行っていきます。

解説:山本区長は「見直す必要はないと」と言っておりますので、こうした原因の大本は山本区長にある事を自ら明確に述べています。

つまり、山本区長の誕生も利権を持つ人達に担がれただけで、自ら何も出来ない区長ですよと言って居るのです。

つ図いて加藤教育長答弁をご覧ください。

教育長(加藤裕之君) 墨田オンブズマン、大瀬議員の私に対するご質問に順次お答えします。

 最初のご質問は、業者指名基準の見直しについてです。

 先ほどの区長答弁のとおり、教育委員会としましても、現在の指名基準は適正であると考えており、今後も区の定める基準に従い運用していきます。

競争性、公平性の原則にのっとり、透明性の確保に努め、適正に契約手続を行うよう、各学校に対して指導を続けていきます。

解説:この答弁から加藤教育長も山本区長の発言を踏襲しただけで、何も独自の発言をしない官僚的な答弁でこの御仁は元東京都の官僚で山本区長が連れて来たのですが、この背後には区長と教育長をセットで送り込んだ利権の存在がプンプン臭います。

[exclamation]捜査関係者の皆様へ!捜査への協力を積極的にさせていただきますので悪い輩をお縄にして下さい。

[exclamation]報道関係者の皆様へ!報道する意思のある記者の皆さんへの取材協力、資料提供を居たしますのでご連絡下さい。

[exclamation]墨田区の入札の問題に疑問や情報をお持ちの業者様からの情報は随時受付けております、談合会社を排除して真面目な業者さんが活躍される事を望みますので、利権壊滅を目指しましょう。

[exclamation]官製談合と天下りの関係が密接に繋がって居る事も明らかです、天下り情報も常時受付けていますので情報をお寄せ下さい。

些細な情報でも構いません、後はこちらで調査致します。

[exclamation]秘密は厳守します。

[exclamation]官製談合と天下りを無くせば増税などする必要はありません、志のある方を募集します。


nice!(2) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 墨田区教育委員会事務局の官製談合疑惑の研究 ブログトップ