So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

IS(イスラミックステート)で遂に崩壊!これらの意味するものは何か? [ニュース]

20171019-1.jpg17日には過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づけていたシリア北部の都市ラッカがシリア民主軍の報告では制圧に成功し陥落した事を伝えました。


ラッカ陥落でIS(イスラミックステート)は遂に崩壊し、組織的な戦闘は無くなりアラブの平和が来るのでしょうか。


主要な都市は爆撃や戦闘等で瓦礫の山と化しており復興までの道のりは険しいものがあります。


私も若い頃激戦の地を訪問した事がありますが、そこには無数の瓦礫と埃、砲弾の炸裂や機関銃の弾痕が残りそこら中に不発弾が転がっていました。


こうした戦争は意図的に仕組まれるものである事を私達は忘れているのか気付かない事が大変危険なのです。


謀略戦は既に私達の身の回りでも起きて居ます。


これは過去の戦争の歴史を分析しますと少しずつ長い時間をかけて謀略戦が行われ、国民が気付いた頃には既に手遅れとなってしまうのです。


例えば、韓国やチャイナによる反日教育がこれで、国民を洗脳して兵器に作り変えてしまっていると言っても過言ではありません。


日本に対しては、竹島の実行支配、嘘の慰安婦問題で最近では関東大震災で日本人が朝鮮人を虐殺したかの様な嘘が巻き散らかせれていますが、これで一体誰が得をするのか考えれば分かる事です。


つまり、隣国である韓国と仲良くなると困る勢力が、敢えて対立軸を作り互いに敵対する様に仕組まれている事に気付かないだけではないでしょうか。


日韓関係悪化で得をするのはチャイナ共産党で、チャイナ国内でも反日をするのは、共産党に民衆の怒りが向かわない様に、敵は日本だと国民を騙しているからです。


更に注意すべき点は、国際金融資本家の動きです。


国際金融資本家はグローバル化を推進する事でこれまで社会の中間層の富を吸い上げて来ましたが、今や中間層は無くなり、貧富の格差が進むと反グローリズムの動きが出たり、デフレ経済で閉塞した経済に陥ってしまいました。


これを解決する手段は、破壊と再生でこれまで人々が営々と築きあげて来たものを総べて破壊されてしまえば人々はゼロから努力して再び再生させるからです。


つまり消費を喚起させる為にはこれまで人々が築き上げたものや富を失わさせてリセットしてしまう事を考える人達が居る事に気付かないだけかも知れません。


戦争の歴史を振り返ると、大航海時代欧米列強が植民地支配を求めて世界中に展開し植民地を作ると世界の限界に達してしまい限界を知ると今度は戦争でこれを崩そうとしました。


例えば日露戦争がそうで、国際金融資本家のヤコブ・シフは日本が軍事費に困っていると日本に戦争の資金を貸し、ロシアにも戦争の資金を貸していた事が戦後明らかになりました。


つまり、日露戦争等を切っ掛けに第一次世界大戦に発展し戦争特需で石炭や鉄鉱石を売ればボロ儲けで、日本国内でもこうした特需で成金と呼ばれる富裕層が生まれました。


国際金融資本家は戦争等の混乱期には多額のお金が動き大儲け出来る事を熟知しており、偏在した富が他へ移動する事に目を付けて意図的に戦争を引き起こす事があるのです。


現在の北朝鮮が正にそれで、国際的に売れるものと言えば出稼ぎ労働者と海産物、衣類程度しか輸出して外貨を稼ぐ程度の事しか出来ず、国内的には餓死者が出る程困窮していた筈が、核実験やICBMを開発出来るのは何故か。


つまり、国際金融資本家が資金を出している可能性が考えあられます。


IS(イスラミックステート)もアラブの春で中東の独裁国家が民衆の力で倒され、アラブが一つになろうとした矢先に出て来た事を忘れてはなりません。


つまり、アラブが一つになると困るのはパレスチナ問題の張本人であるイスラエルで、アラブが結束してしまうとイスラエルに対して四方八方からミサイルを撃ち込まれた大変な事になると気付いた諜報機関モサドがISを作ったと考えられます。


つまり、過激なISを作り出す為に世界中から傭兵を集め高価な軍事装備を与え、アラブとイスラム教徒の結束を分断する為に工作活動と戦闘を行ったのです。


これは映画アラビアのロレンスと同じで、外国人がアラブ人を装いアラブ民族を分断させ互に敵対し合うように仕向けたのと似て居ます。


くれぐれもこうした諜報活動の罠に嵌らない事と、嘘の歴史のプロパガンダをひっかからない為には、歴史を学び反論出来る必要があるのではないでしょうか。

nice!(2) 
共通テーマ:ニュース

新燃岳の平成23年以来の噴火!噴火警戒レベル「3」 [ニュース]

20171012-4.jpg平成24年に鹿児島空港から撮影した新燃岳ですが、11日午前11時頃に再び噴火し噴煙が約2000メートル上空まで上がった様です。


鹿児島は火山地帯のせいか温泉等に恵まれていますが、噴火となると心配されるのが火山灰で、農作物が壊滅的な被害を受ける恐れが心配です。


また、火山は予告なく突然噴火する事があるので不用意に近づく事は避けるべきですが、本来は危険な場所でも観光地になって居る場所は多々あります。


御嶽山の噴火では噴火に伴う火山弾が降りそそぎ、火山弾が直撃してお亡くなりなられた方が多数出てしまい、今でもご遺体が見つからない方もいらっしゃいます。


この噴火では多きものでは軽自動車位の大きさの火山弾が降って来たそうで、山小屋に逃れた方も山小屋の屋根を突き抜けて落ちて来る火山弾に生きた心地がしなかったと思います。


更に恐いのが雲仙普賢岳で見られた火砕流でその温度は摂氏600~700度の熱風が時速100kmを超えるスピードでやって来ますのでとても逃げ切れるものではありません。


過去の歴史から大きな地震があった後に火山が噴火が起きたり、その逆もあるので本当は無関心でいてはならないのかも知れません。

nice!(10) 
共通テーマ:ニュース

第42回すみだまつり・こどもまつりが開催されました! [ニュース]

20171008-1.jpg6日(土曜日)7日(日曜日)は墨田区の錦糸公園で第42回すみだまつり・こどもまつりが開催されました。


初日の6日は朝から雨で寒かったせいか来場者は例年に比べ少なく心配されましたが、午後になると天気が回復し始めて例年並みの人手に近づきました。


20171008-2.jpg私も販売のご協力をしました墨田区肢体障がい者福祉協会のブースでは例年通りのスピードくじと今年はかき氷をやりましたが、午前中はかき氷は数える程しか売れませんでした。


この日は関係する地方の自治体のブースではお野菜や特産品が売られていましたが、中でもお野菜が人気で大勢の人でにぎわっていました。


知り合いのブースでは綿あめを売っていましたが、作るのが意外に大変そうで機械をうまく操れて商品となる綿あめを作れる方が町内で4人ぐらいしかいないそうでかなり激務の様です。


しかし、次から次へと行列が出来てしまい売れ行きは良さそうでした。

nice!(3) 
共通テーマ:ニュース

衆議院解散!信念の無い烏合の衆と化した国会議員のオセロゲームの醜態! [ニュース]

20170928-1.jpg28日午後衆議員が解散し10月22日投票日を前に日本の政治がまるでオセロゲームの様に変わって行く醜態を見せられて信念の無い烏合の衆に支配された国会議員の姿に失望感を感じるのは私だけでしょうか。


安倍内閣も消費税を増税し、税収増は5兆6000億円の見通しで1兆円程度を年金など社会保障の充実に使い、残りを借金返済に充てる筈が、安倍首相はこの配分を変え、政権の看板政策「人づくり革命」に掲げる幼児教育無償化などの財源として約2兆円を確保し、税収増分の半分に当たる約2兆8000億円を借金返済に充てるとしています。


一方、小池氏は増税凍結を公約に掲げそうですし、何よりも勢いに乗って居ますから小池新党の希望の党の誕生で事実上烏合の衆政党の民進党は国会議員が続々と離党して解党へ追い込まれました。


まるでオセロゲームの様にこちらが有利と見ればあっち、こっちに靡き強い者の威を借りる信念の無い政治家の醜態に人間の卑しさを感じるのは私だけでしょうか。


小池氏の優れた点は「勢に求めて人にもとめず」と言う孫子の兵法の実践がうまい点で、つまり戦い上手なのです。


しかし、希望の党が民進党の左翼リベラルの議員を入れてしまうかと、小沢一郎まで入れるかが問題でこれは日本の安全保障に影響が出てしまいます。


以前政権交代で民主党が大勝した結果、小沢一郎の率いる議員団がチャイナを真っ先に訪問し、日米関係が悪化しこれを機にチャイナでの反日デモ、尖閣諸島や小笠諸島への大漁船団が来て珊瑚や魚を公然と密漁した事を忘れてはなりません。


小池氏の新党に合流したい政党や政治家が集まる背景には、小池新党が選挙資金がない弱みに付け込んで政党公金を手土産に交渉した結果こうなったのかも知れません。


しかしながらある意味で政界再編が進んだ功績は大きく、中でも我が国を崩壊させようとする民進党の在日や反日国会議員が消滅する気配が見えて来た事ではないでしょうか。


問題は北朝鮮情勢で米国の動きを見て居ますと本当に戦争が起こる可能性が高く、一刻も早く我が国も体制を固め国防や安全保障の面で適切な対応が取れる様にしなければなりません。


北朝鮮が本当に核攻撃すれば、仮に迎撃出来たとしても大変な事になってしまいます。


それにしても自民党も天下り外郭団体や法人を温存させたままの消費税の増税は国力を衰退させるだけですし、景気回復の頭を押さえてしまいます。


また、こっそりと行われた種子法改正も外圧に屈してしまった感が否めません。


正直申し上げてどちらも信用できませんが、対立軸が政党による2つに分かれてしまいますと政治が不安定になります、本当はしっかりとした野党が居て双方をチェックしたり本当に良い政治を行う為にはある程度分散している方が安定するのではないでしょうか。

nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

墨田区第70回区民体育祭クレー射撃大会が行われました! [ニュース]

20170918-1.jpg18日墨田区第70回区民体育祭クレー射撃大会が成田射撃場で墨田区、港区、豊島区の3区合同で行われました。


台風一過の晴天に恵まれたものの久々の暑さの中での激戦になりました。


20170918-2.jpg余談ですがこれがスキート射撃でクレーを射撃手が撃ち落とす瞬間の良い写真が取れましたので掲載します。


銃身の先に見えるオレンジ色の円盤がクレーと呼ばれる標的です。


20170918-3.jpgこれがクレーを撃ち落とした瞬間でクレーが被弾して飛び散ります。


20170918-5.jpgこれがクレー射撃の風景ですが、クレーの飛ぶ速度が公式戦とほぼ同じ設定と言う事で難易度の高い設定ですので、約2秒で狙いを定め引金を引かないと撃ち落とす事出来ません。


はっきり申し上げて大変難しい競技で瞬時の正確な判断力を求められ、日頃から常に練習していないと高いスコアーを出す事は出来ません。


多い方では年間1万発撃つそうで弾代だけでも50万円、撃代や交通費を考えますと年間1万発を撃つには100万円前後かかるある意味でお金のかかるスポーツかも知れません。


20170918-4.jpg墨田区第70回区民体育祭クレー射撃大会で優勝された武者宗太郎氏は20代前半で設計技師の仕事の合間に練習しての参加で100枚のクレーを88枚撃ち落とした凄腕です。


墨田区、港区、豊島区の3区合同でも1位ですので、場合によってはオリンピックを目指せるかも知れませんが、オリンピック選手となると100枚中99枚は撃ち落とせないと優勝圏は狙えない厳しい世界です。


武者さんの場合は親子2代に渡り射撃の名人で武者と言う名前からも分かる通り武士のルーツを持つのか射撃も狩猟もずば抜けた才能をお持ちです。


墨田区は射撃の世界では華々しい歴史と伝統を持つ区で、ご覧の成田射撃場も大株主は墨田区の富裕層がほぼ全てを持っと言われいます。


こうした伝統を守り続けたいと思いますので、射撃をやりた方がいらっしゃいましたらお声をお掛け下さい。


但し、銃の所持に関しては非常に厳しい学科と実技の資格審査と公安委員会による大変厳しい身上調査の両方に合格しなければなりません。


更に狩猟を行うには、国家資格である第一種狩猟免許と猟期毎に自治体への登録が必要です。


nice!(5) 
共通テーマ:ニュース

墨田区役所で行われた防災フェアへ行ってまいました! [ニュース]

20170910-1.jpg10日に墨田区役所で行われた防災フェアへ子供を連れて行きました。


子ども連れて行った理由は、地震の体験車がございましたので、子供に地震の怖さを経験さ地震発生時にパニックにならない様にしたいと言う思いからです。


そこで面白い現象を発見しました。


子どもは体重が軽いし小さいので地震でもそれ程体が揺れませんから怖さを感じる処か直ぐに馴れてしまい逆に喜んでいました。


20170910-2.jpg防災用のドローンの飛行実演で羽音が予想外に低く映し出された映像も鮮明で後続飛行時間は20分程度だそうで、災害時に人が近づけない場所での捜索や状況把握に使えそうです。


20170910-3.jpgこれは災害時に便利と思ったのが燃料電池車で、タンクに満タンに水素を入れると約5千円程度で700キロも走行できる事や車を発電機代わりに使えるそうで、手前の変圧器を介せば停電でも電気製品が使えるそうです。


価格は700万円程度だそうですが、補助金が出るので約400万円で買えるそうです。


しかし、最近の車は自動車メーカーのモデルチェンジが多く、古くなると部品が供給されない修理してもらえない、と言う問題があるので、メーカーのこうした姿勢が変わらない限り飛びつけませんね。


特に最近のハイブリットカーは価格は高くても、ある程度年式なるとサポートしてもらえず長く乗り続ける事が出来ないという話を聞いた事がありますのでこの辺をメーカーは考えて欲しいと思います。

nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

38年前に絶滅したと思われていたニホンカワウソらしき映像が撮影!対馬の自然を守れ! [ニュース]

20170818-1.jpg広大な自然が残された対馬の自然と精霊の森は対馬山猫など希少生物の宝庫です。(撮影:大瀬康介)


20170818-2.jpg昭和49年(1974年)6月25日に発行されたニホンカワウソ切手ですが、その5年後の1979年に高知県で確認されたのを最後に絶滅したとみられて来ました。


20170818-4.jpgご覧の写真は対馬で琉球大学動物生態学研究室提供、長島一浩氏が今年の2月に撮影した動画の一部ですが映像だけではニホンカワウソかどうか明らかにできませんが、生存を願わずにいられません。


しかしながら今年の2月に撮影されているのに、何故8月の17日公表されたのでしょうか。


環境省が対馬で7月以降に追加調査を行った際に、カワウソのフンを発見し、DNAを調べたところ、ニホンカワウソでは無く韓国沿岸に生息するユーラシアカワウソのものだと判定された事を17日発表しており期待はできそもありません。


2012年に環境省はニホンカワウソの北海道亜種と本州以南亜種ともに絶滅種とした公表していますが、目撃情報もある様です。


かつては日本本土どこでも見られたそうですが、毛皮良いそうで高値で取引された為に乱獲されその数が激減し、更に水質汚染や河川改修が進んでしまった事も絶滅させた要因の様です。


20170818-3.jpgこの写真しゃ3年ほど前に対馬に視察に行った際に撮影に成功した対馬ミサゴで、対馬は希少な生物の宝庫で生き物達が安らかに生息できる環境を守る必要があります。


その為には外来種を持ち込まない努力が必要です。


希少生物の多いニュージーランドでは入国の際に花粉・プロポリス・植物・花・球根・鳥類・魚類・亀を含む動物など・土・生物製剤・動物用薬品の持ち込みはさせない厳しい審査があり、申告せず持ち込みが見つかると400ドル(約3万2千円)の罰金が課されます。


やはり対馬もこうした外来種の持ち込みを規制したり、文化財や希少生物の持ち出しを禁止する法律を作るべきではないでしょうか。

nice!(11) 
共通テーマ:ニュース

転変地異の前兆?北十間川にボラの大群が遡上! [ニュース]

20170813-2.jpg最近北十間川にボラの大群が遡上しており川全体がボラだらけと言う状況が見られます。


通常は4月から5月頃に見られますが、この時期に見られるの何か転変地異の前兆かも知れないと考えますと、そう言えば最近地震が多くなっています。


調べてみますと水温の関係で暖かい時期は海水と淡水の混ざる川に遡上する様です。


20170813-1.jpg肉眼ではボラの状態が分からないので望遠レンズで撮影してみるとボラの稚魚である事が分かります。


自然が戻って居るのか地球温暖化なのか、家庭排水の富栄養化のせいかわかりませんが川には様々な種類の大量の魚が居る事を示している様です。


nice!(4) 
共通テーマ:ニュース

太田道灌ゆかりの報恩寺主催の第26回隅田川・川施餓鬼精霊供養が行われました! [ニュース]

20170803-1.jpg3日太田道灌ゆかりの寺として知られる報恩寺主催の第26回隅田川・川施餓鬼精霊供養が行われました。


川施餓鬼精霊供養(かわせがきせいれいくよう)とは、特に関東大震災、東京大空襲などで水死、溺死者のために水中に舟を浮かぺ、施餓鬼を施して供養をするものであり、先祖代々の精霊も供養されるそうです。


20170803-2.jpg平川山報恩寺の住職によるお経がささげられ隅田川でお亡くなりになられた人々の供養が行われました。


20170803-3.jpg参加者も団扇太鼓を叩きながら読経を行い諸霊の慰霊を行いました。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

墨田区議会自民党内で1840万円の横領事件!事件を誘発させた杜撰な管理体制! [ニュース]

20170728-2.jpg26日に開会された各派代表者会では対応を検討するだけでは無く、墨田区議会始まって以来の大不詳事である為に区議会自民党の管理監督責任が追及されるとと共に、再発防止に向けてご覧の「松本ひさし議員の議員辞職に対する緊急声明」を出して8月2日には臨時区議会本会議を開催し業務上横領事件調査特別委員会の設置条例を可決する見通しになりました。


20170728-4.jpgこの部分から区議会自民党の当該事件への反省が無い事がうかがわれ、議員辞職時点では「自民党」の名前が出ない様に7月20日付で除名して辞職の26日には(無所属)と掲載される様に細工がされています。


この事は区議会事務局の対応も自民党の馴合いの関係である事を(無所属)と敢えて書かれている事からもお分かりいただけるのではないでしょうか。


この業務上横領事件は、松本ひさし議員が墨田区議会自民党に所属している平成28年5月10日から平成29年5月12日までの犯行でしかも自民党の隠ぺい工作で事実関係が7月26日まで公表されませんでしたので(無所属)では無く自民党と書くべきです。


それをこうした書き方をする区議会事務局は自民党の馴合いの関係である事を自ら証明しているのです。


今後予想される事は、監督責任が当時の幹事長にあるのですが、この責任の追及が及ばない様に自民党側はガードし始め、横領されたお金は全議員で分担して返すと言っている事から「誰も責任を取らない」事で幕引きを図ろうとしています。


可能な限りこの問題を追及致しますが、区民の皆様のご協力が必要ですのでご協力お願い致します。


さて、昨日に引続き墨田区議会自民党の松本ひさし議員の公金業務上横領事件の経過をご報告致します。


7月4日(火)
 14:00 法律事務所での聴取⑥:横領事実の内容が確定し、会派側代理人弁護士が「自認書」を提示したが、同議員は署名・捺印を留保した。


7月10日(月)
 13:00 会派側弁護士と同議員側弁護士が協議し、自認書に署名・捺印するよう要請した。同議員側弁護士は、議員を在職しながら議員報酬から被害弁償を行い、示談したい旨申し出があった。しかし、会派側弁護士はこの申し出を断った。


[exclamation]この部分から読み取れる事は、この時点では松本ひさし議員の資金回収可能な財産状況の調査はある程度済んでおり、回収できる財産が無い事が分かっていたことが伺われます。


松本ひさし「議員側弁護士は、議員を在職しながら議員報酬から被害弁償を行い、示談したい旨申し出」と言う部分がそうで、「会派側弁護士はこの申し出を断った」と言う部分の双方から分かります。


つまり、松本ひさし議員本人名義の不動産などの資産が無く、恐らくニュース番組で放映された自宅らしき家は他人名義の可能性が強く横領されたお金が回収できない事が分かります。


7月20日(木)
 11 : 00 状況が打開できないことから、自由民主党墨田総支部党紀委員会で事情を説明し、全会一致で、同議員を除名する答申が出された。
 12 : 00 自由民主党墨田総支部総務会で同様に説明し、同議員を除名することの報告を了承した。
 14:00 会派総会において、全会一致で、同議員を除名し、議員辞職勧告を行うことを決定した。即時に、内容証明郵便で、同議員に郵送した。


[exclamation]この部分から、当該業務上横領事件が、松本ひさし議員が墨田区議会自民党に所属している平成28年5月10日から平成29年5月12日までの犯行でしかも自民党の隠ぺい工作で事実関係が7月26日まで公表されませんでしたので本来は議員辞職時点で自民党と書かれるのを回避する為にこうした措置が取られた事が読取れます。


 14 : 40 同幹事長及び佐藤議員において、区長及び副区長並びに区議会事務局長に対して事情を説明した。
 15 : 00 同幹事長及び同議員において本所警察署刑事課に出頭し、経緯説明を行った。警察から①証拠保全の必要性、②本人の人身保護等の観点から公表を控えるよう言われた。


[exclamation]この部分で隠蔽の事実を警察の捜査を理由にしていますが、警察の動きから事件発覚は2ヶ月も前の5月23日に発生している事から、7月20日に本所警察署刑事課に出頭したところで、警察も馬鹿ではありませんから「①証拠保全の必要性」については既に組織的な隠蔽があり、他に及ばない様に証拠保全すべき証拠は処分されている事は見抜いていると思われます。


[exclamation]警察が「②本人の人身保護等の観点」からその必要がある場合は、すぐに逮捕し身柄を拘束する筈です。

これがされていない事は「本人の人身保護」の必要も無く「証拠の隠滅」の恐れが無い事を意味しますので、自民党の「警察から①証拠保全の必要性、②本人の人身保護等の観点から公表を控えるよう言われた」とする内容は状況から考えて言い訳に過ぎません。


[exclamation]恐らく、警察側も2か月間も放置されれば本当の証拠は隠滅されており、捜査をしても意味が無いと判断、被疑者も「自白」しており、逃亡の恐れも無い事を既に把握しているから現時点で逮捕されていないのです。


[exclamation]今後の予想ですが、時間の問題で在宅で起訴され起訴後逮捕状が執行され、逮捕される事は確実で、刑法253条業務上横領ですと法定刑は10年以下の懲役ですから被害額から考えますと実刑は確実で5年前後収監される事が予想されます。


7月21日(金)
 13 : 00 同幹事長より、各会派幹事長に対して、電話にて、松本議員の除名に関する状況報告を行った。
   夕刻、同幹事長より、区議会議長に対して、会派変更届を提出し、受理された。会派ホームページ及びフェイスブックページに、プレスリリース文を掲載した。


7月22日(土)
 10 : 30 同幹事長及び佐藤議員立会いの下、本所警察署員3名により、会派控室の状況調査を行った。


7月25日(火)
10:00 幹事長会が行われた。同幹事長より説明を行うが、警察から上記の理由から公表を控えるよう言われていたこと、会派として告発に至る重要な「自認書」に署名捺印されていないことから、このまま公表を行うと、松本議員に対する名誉棄損等の恐れがあることから、説明を一部留保した。


[exclamation]この部分は既に述べた通り言い訳に過ぎませんし、一般人では無い議員と言う公人の犯罪ですから「名誉棄損等の恐れがある」と言うのは嘘で、公益性から公表しても何もお咎めは無い筈ですし、自民党の嘘に過ぎません。


7月26日(水)
 10 : 00 佐藤議員より本所警察署刑事課に対して照会を行い、松本議貝から自認書が郵送される目途が立ったため、公表を行う旨、通知した。


[exclamation]この部分は既に述べた通り本所警察署刑事課にしてみれば捜査をしても意味が無いと判断、被疑者も「自白」しており、逃亡の恐れも無い事を把握している事を裏付けていますし、昨日の段階で私に自民党の隠ぺい工作が既に見抜かれている事を認識した筈です。


 13 : 00 同議員から配達証明郵便により、会派控室に「自認書」が到達した。


[exclamation]自民党は26日の午前11の報告で「自認書」が届いていない事を理由に午後3時まで引き伸ばしましたが、そもそも「自認書」は事実公表について何の法的な拘束力も無く浅知恵で時間の引き伸ばしの為に利用したに過ぎません。


 15 : 00 各派代表者会が行われた。同議員の刑事責任及び会派の管理責任と同時に、議会全体の問題であることから、即日、議長、副議長及び各派代表者の連名で、同議員に対する非難声明を行い、公式の場で調査及び再発防止について協議することと決定した。


[exclamation]この程度の事を行うのに午後3時から午後8時半近くまでかかり貴重な時間を無駄にさせられました。


それにしても自民党は国政でも地方でも犯罪や不倫、隠蔽等のスキャンダルが多くもつとまともな人材が寄り付かない体質なのかも知れません。


その理由として、今回の被害額も会派所属議員全員で支払い誰も責任を取らない様ですから、正しいまともな方がいらしたらこの負担だけを押し付けられますので、この様な組織から逃げ出してしまう筈です。


つまり人材がいない事は識者ならお分かりになると思います。


こうした経過や本所警察署刑事課の動きから考えますと自民党今回の被疑事実以外にも何かを隠している可能性があり、被疑者の取り調べの過程で新たな事実が浮かび上がる可能性もあるのではないでしょうか。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ニュース ブログトップ