So-net無料ブログ作成
検索選択

墨田区教育委員会採択の歴史教科書は改正教育法を無視した自虐史観で記述 第4話  [墨田区教育委員会採択の歴史教科書は自虐史観]

20170612-1.jpgご覧の対比は、墨田区教育委員会が採択した㈱帝国書院の歴史教科書と一般社団法人新しい歴史教科書をつくる会が推薦する株式会社自由社が取り上げた日韓併合についての記載の違いを比較したものです。


先ずこの時代は欧米による植民地支配の拡大がアジアにまで達し、列強の持つ大砲や機関銃等の強力な軍事兵器には抵抗出来ずアジア諸国は戦闘に至る前に次々にその暴力に屈し植民地にされてしまいました。


植民地にされてしまうと、どうなるかと言うと住民を政治的に支配し文化や言語を抑圧し、優秀な男子と分かると何らかの理由を付けて殺害したり、両手を切断し植民地の指導者になれない様にして愚民化政策を行いました。


更に、欧米列強の支配者は現地の女性を見つけると労働者を増やすとの理由で女性を強姦しても罪に問わず、公然と人間扱いしません、そのため女子は山奥にかくまったり男の子に変装させるなどさせて現地の人達は抵抗しました。


この背景には、欧米の列強の支配に抵抗した男達が殺されてしまい、守れる者がおらず、労働力となる男も居ない為に他の植民地や領土から労働者を移住させざるをえない状況がしばしばあり、彼らを定着させる為に行われた様です。


話は教科書に戻りますが、墨田区が採択した㈱帝国書院の教科書韓国併合についての記載部分をご覧ください。


㈱帝国書院の歴史教科書の記載にご注目ください。


当時の欧米列強の植民地支配がどの様なものであったかには全く触れず、反日史観に基づき、日本が加害者で被害者韓国で、搾取する者と搾取される者という二元論で記載しています。


これは全く嘘の記述で、東洋一の化学工場や港湾の建設などのインフラを整備し小学校から大学までの学校建設を行い、教育にも力を入れるなど搾取どころか朝鮮自立のために国家予算の20%近くを費やし与えていたのです。


当時の世界情勢を正確に読み解きますと列強は先ず清国が従来の官僚組織や経済では改善出来ない人口問題や自然災害に伴う財政状況に目を付けました。


先ず財政破たんさせる為に、英国は清の貿易で清茶、陶磁器、絹を大量に輸入しており、逆に清に輸出する商品が無く貿易赤字のために清国からの支払いは銀しか認めず、植民地のインドで栽培したアヘンを中国に輸出することで三角貿易を実現させました。


その結果清国の財政は更に悪化、1840年清国沿岸に侵攻しアヘン戦争を始め、清軍は強力な近代兵器を持つイギリス軍に敗北し香港島の割譲、上海ら5港の開港、領事裁判権の承認、関税自主権を喪失し植民地化されました。


こうした動きに恐れをなした韓国は強力な近代兵器を持つ欧米列強に恐れをなし狼狽するばかりで土地を捨てて逃げだくものが多く、戦闘すら行えない状況であっさり植民地化される所でした。


この状況を救ったのが日本政府で、日本の安全と満州の権益を防衛するために、韓国の安定が必要であると考え、アジアにおける欧米列強の植民地支配から韓国を併合する事で韓国を救ったのです。


しかし、大東亜戦争で日本が終戦を迎えると米軍の占領政策でこうした歴史の真実は書き換えられ、韓国を併合は日本が植民地支配していたかの様にすり替える教育が行われました。


㈱帝国書院の歴史教科書は米軍の占領政策の思惑通りにかかれ、日本を悪者にして自虐史観に基づく教育をする道具として戦後70年も経過しているにも関わらす歴史的事実をゆがめた教科書が採択されているのです。


これに対して、株式会社自由社の歴史教科書には「日本政府は、日本の安全と満州の権益を防衛するために、韓国の安定が必要であると考えた」と当時の状況や歴史を分かり易く俯瞰ふかん的に説明しています。


更に、欧米列強の植民地政策との違いを明確にして、東洋一の化学工場や港湾の建設などのインフラを整備し小学校から大学までの学校建設を行い、教育にも力を入れました。


そのため、日本は国家予算の20%近くを朝鮮自立のために経済力の強化とそれを支えるインフラの整備、将来を担う人材の為の教育に費やしていたのです。


こうした本当の歴史を残して欲しくない植民地支配をしていた人達が、日本の敗戦を契機に歴史を自分達の都合の良い方向に書き換えさせ、日本を弱体化させる為の反日教育が今も行われているのです。


正しい歴史を学ぶことは大変重要で、現在の状況と過去の歴史を比較したり傾向を探る事で将来起こる危機を予想し、事前にそれを回避させる行動が取れます。


しかし、嘘の歴史を教えられた人達は、嘘は嘘しか生みませんから、これが出来ず危機に真っ逆さま落ちて行きます。


つまりこうした事を意図して歴史教育が捻じ曲げられて再び危機に陥れ、そこから這い上がれない様にする意図が隠されているものです。


つまり、現在の日韓関係を悪化させる事で利益を受ける人達は誰かを、冷静に分析すれば誰が得をして誰が損をしているのか見えて来るのではないでしょうか。

nice!(8) 
共通テーマ:ニュース