So-net無料ブログ作成
検索選択

認可保育所の園児一人当たり月額50万税金!育児世帯に直接補助すべき!第2話  [子育て]

20170805-1.jpgご覧の図は業平3丁目に建設予定の認可保育所(仮称)キッズガーデン業平設置計画の説明会資料の1階平面図の図面ですが、住民側は前面道路が6メートルの幅員しか無い為に公道に自転車を駐輪されてしまうと通行に支障が出るので敷地内に自転車が駐輪出来る様に第1回説明会で求めていました。


具体的に解説しますと登園下園は勿論、イベント時でも自転車が園の敷地内に収まる様に自転車駐輪場は広く確保する様に求め、園の定員は78名ですからかなり広いものと思われました。


しかし、第2回目の説明会では建物を少しずらした程度でご覧の図面の右下の部分がそうですが、車2台分の駐車スペースに自転車幅0.5メートル長さ1.8メートルの駐輪スペース横10台縦3台が隙間なく並べられ30台の駐車スペースがあると言うのです。


これは実際の運用ではあり得ない設計で、理屈上では30台とめられたとしても出し入れは出来ませんから現実には無理な設計で、住民が図面を読めない事をいい事にその場限りのいい加減な説明を行って居るのです。


この様な事を公然とする業者に、大切なこどもを預ける事が出来る事業者といえるのでしょうか。


現在は待機児童対策と称しながら、公立の保育園は逆に減らされ、園庭の確保出来ない認定保育園に墨田区は移行させており、園庭を持たない認可保育所は園庭が無い為に近くの公園で園児を遊ばせる光景が見られます。


これが本来の公園利用の姿ではありませんし、行政上の都合が子ども達の一番大切な時期に狭い場所で管理されることどもを育ててしまいますし、公園と言う公共の場所を認可保育園が占拠する事に違和感を感じない子どもが大人になったらどうなるのでしょうか。


待機児童問題の真相は厚生労働省の天下りの問題で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助されその多額の補助金に群がる天下りが美味しい蜜を吸う仕組みです。


子育て世帯は家計の赤字を埋める為に働かざるを得ない為に保育所が足らない訳で、認可保育所の園児一人当たり月額50万から20万円が我々の税金で補助すらなら子育て世帯にその半額の25万から10万円を支給すれば解消する筈です。


更に、節税効果も期待出来ますし、未就学児の一番大切な時期にこの様なコスト管理された施設に入れてしまと非認知能力が磨かれませんので、将来を切り開ける人材が減り、与えられた仕事しか出来ない人を作り続けてしまいます。


この事は折を見て新世界秩序(New World Order)との関係もあり詳しく解説する予定ですが、意図的にこうした状況を作る事で権威に弱く管理し易く広告や宣伝で消費し、使い捨てできる人間を意図的に作られていると言っても過言ではありません。

nice!(7) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7