So-net無料ブログ作成

墨田区議会自民党始まって以来の巨額横領事件!区議会自民党松本久議員を除名! [ニュース]

20170726-1.jpg25日午後4時に各会派の代表者会が緊急招集されました。


その理由は、墨田区議会自民党の松本久議員が、違法行為が行われたことが7月20日付けで判明しましたとし、同日付で区議会自民党を除名したとの報告が20日ございました。


この日は松本久議員から議員辞職届が出されたとの事での召集でした。


しかし、墨田区議会自民党の田中邦友幹事長は事実を全く明らかにせず「違法行為が行われたことが判明した」と言うでけでは議員辞職の真相が分からず各派の代表者は強く説明を求めました。


結果的に時間ばかりが経過してしまい、午後7時半頃まで続き結果的に明日事実関係を公表できるか午前11時に報告し、各派代表者会を26日の午後3時から再び開会する事になりました。


この事件は疑惑が多い事は情報として既に東京都議会議員選挙の時点で発覚しており、選挙への影響が優先され隠されて居たのです。


東京都議会議員選挙の時点では自民党の13名居る区議会議員が自民党の2名の候補者をそれぞれ半数ずつ応援していましたが、惟一人松本久議員だけがどちらの応援もしない状況でった事が報告されていました。


この時点で何かあるとピント来て更に調査して見ると区議会自民党の会派のお金を使い込んだらしいと言う信用出来そうなルートから入って来ました。


東京都議会議員選挙の時点で発覚していたのに伏せられて居たのは、これが公表されれば自民党が全ての議席を失う恐れがあった為に隠されて居た様です。


区議会自民党は、今月20日の時点でも事実関係を明らかにしていませんし、25日の段階でも明らかにしていません。


この事は区議会自民党が全く関係無ければ、区議会に対して事実関係を明らかにして各派の代表者の協力を得れば済む話ですが、事実関係が明らかにされない為に、時間ばかりが浪費され話が進みません。


この事は、明らかに出来ない事情が自民党にありこれを明らかにしてしまうと単なる横領事件では無く疑獄事件に発展するのを恐れているとしか思えません。


横領された金額も数千万円との情報もあり、これが本当ならどの様な性質のお金なのかが問われると共に、杜撰な資金管理が犯罪を誘発させた恐れもあり、この様な議員を公認した自民党の責任と幹部の管理責任を問う必要があります。


多額のお金が横領された背景には、横領しても発覚し難い構造や闇の資金の疑惑もございますので明らかにさせていただきたいと思います。


本来は、沖山仁議長が専門の委員会を立ち上げ調査するか、監査委員に調査の依頼をするなどをすべきだと思いますが、これお全くしようとしていません。


この問題は継続的に続報をお知らせ致します。


※情報をお持ちの方は情報をお寄せ下さい。

nice!(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3