So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

企画総務委員会報告!墨田区の組織改正案から解る墨田区の方向性! [墨田区議会]

20170327-1.jpg27日企画総務委員会が開会されましたのでその一部をご報告致します。

ご覧の図は墨田区の組織改正案ですが、大きく変化しているのは区民活動推進部が地域力支援部と変わって居る事です。

そもそも区民活動推進部は山﨑区長体制で強化されその目的は町会・自治会を官僚の意のままにコントロールする目的で作られたと見られます。

具体的には町会・自治会を官僚の意のままにコントロールする事で天下りの施設の設置等で地元の反対を受けない様に物言う町会長等が出ない様に密かにコントロールして何でもお役人の言いなりになる人が優位になる様な工作を行う機関と化しています。

これは過去の情報公開で見えて来た事ですが、地元説明会等で住民の反発が強いと住民を避けて町会と交渉して町会の承認を得られたと言う形を地域の同意が得られてかの様なすり替えが行われて来ました。

最近町会離れが進んでしまう背景にはこうした事が原因と言われ、墨田区はこうした動きに危機感を募らせ組織の強化に動き出した様です。

また町会・自治会は自民党の票田としても利用され一部の議員の中には議員事務所と町会開館が同居しているものもありこの事が全てを物語っているのではないでしょうか。

こうした関係が町会・自治会への様々な補助金をばら撒き、しかも監査すまともにされて居ません。

この組織改正で分かるのは山本区長体制を維持する為に組織の強化を行いまた自民党の議席を確保する為に町会離れを阻止しようと言う意図が隠されて居ます。

しかし、住民側もこれまでの住民の町会離れの経験から区役所の思惑通りに行くのか疑問ですが、何をし出すかわかりませんので監視が必要です。

その為にはネット環境を駆使して情報を共有し合う事が大切になります。

この日採決された議案は次の通りです。

1 付託議案の審査

議案第6号墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例

採択

議案第7号墨田区附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第8号墨田区常勤の監査委員の給料等に関する条例 採択

議案第9号 墨田区個人情報保護条例の一部を改正する条例 採択

議案第10号墨田区情報公開制度及び個人情報保護制度運営審議会条例の一部を改正する条例 採択

議案第11号公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第12号職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第13号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第14号 職員の配偶者同行休業に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第15号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例 採択

議案第1号 平成28年度墨田区一般会計補正予算 採択

となり、再度30日の区議会本会議で議決されます。


nice!(4) 

続東京セキスイハイム㈱の解体工事現場で100キロのコンクリートが13メートル落下事故 [粗悪な不動産デベロッパーを追う!]

20170326-1.jpg昨日の落下事故ではこの様な危険な状態のコンクリートの塊は推定300キロと思われ、この東京セキスイハイム株式会社の解体工事現場ではこの塊を13メートル下に落下させる大変危険で大きな振動が伴う作業が行われて居ました。

この日は予定があり外出先から戻るとご覧の手紙がありました。

20170326-3.jpg近隣の住民皆様からの立会いの要請があるそうですので早速現場へ行き関係者が集まる中で事故の原因を調査しますと様々な違法行為があり今回の事故に繋がった事が分かりました。

先ず法律が守られていれば今回の事故ははっせいしなかった事が分かりましたのので該当すると思われる法律は次の通りです。

第7章の8 工事現場の危害の防止

第136条の5 落下物に対する防護

 建築工事等において工事現場の境界線からの水平距離が5m以内で、かつ、地盤面からの高さが3m以上の場所からくず、ごみその他飛散するおそれのある物を投下する場合においては、ダストシユートを用いる等当該くず、ごみ等が工事現場の周辺に飛散することを防止するための措置を講じなければならない。

2 建築工事等を行なう場合において、建築のための工事をする部分が工事現場の境界線から水平距離が5m以内で、かつ、地盤面から高さが7m以上にあるとき、その他はつり、除却、外壁の修繕等に伴う落下物によつて工事現場の周辺に危害を生ずるおそれがあるときは、国土交通大臣の定める基準に従つて、工事現場の周囲その他危害防止上必要な部分を鉄網又は帆布でおおう等落下物による危害を防止するための措置を講じなければならない。

20170325-2.jpg今回の場合は2度に渡り除却、外壁の修繕等に伴う落下物によつて工事現場の周辺に危害を生じさせました。

20170326-4.jpg一級施工管理技士が居る事になっていますが、この一級管理士は解体前に見に来ただけで解体作業中一度も現場に来て居なかった事が25日の私の立会いで明らかになりました。

これは明らかな違法行為で国土交通省の許可を受けながら適正な管理が行われておらず事故に至った事は重大な問題です。

それは、許可とは原則禁止されて居る事を許可を受ける事で一時的に解除される訳ですから恐らく許可条件に違反している事が推測されます。

20170325-5.jpg喫煙所が高圧ガスボンベの付近にある事は高圧ガス保安法に違反している疑いが指摘されます。


nice!(5) 

東京セキスイハイム㈱の解体工事現場で100キロのコンクリートが10メートル落下事故! [粗悪な不動産デベロッパーを追う!]

20170325-1.jpg25日午前9時30分ごろ吾妻橋2丁目20番地内のビルの解体工事現場で高さ約10メートルの場所から重さ100キロを超えるコンクリート片が隣のお宅の敷地内に落下しそこに置かれていたものを破壊する事故が発生したとの連絡で現場に行きました。

現場は、これまで度々近隣住民から危険な工事が行われて居た為に先日も区の職員とと共に行政指導をしたばかりでした。

先ず写真をご覧ください、元々あった建物は4階建ての築45年程度の鉄骨造りのビルですが、本来は小型の重機を揚げてワンフロアーづつ解体するものですが、ここではコストと時間削減の為か巨大な重機を使い搭屋から2階までの床をぶち抜いて解体工事が行われていました。

これは非常に危険な解体工事のやりかたで、先ず床を崩す時点で重量のあるスラブが落下しますので落下時点で大きな振動と大量の埃や破片が飛び散ります。

しかも屋上から1階までの壁面だけだ残された状態ですので壁面そのものが倒壊しますと隣の住宅側に倒れれば住宅そのものを押しつぶしてしまう恐れがあり、死亡事故に繋がり兼ねない大変危険な状態です。

この日事故を調査して見ると写真の右側の壁を解体する際に、飛散防止の筈で取り付けられたバネルが外された状態で屋上部分のコーナー部分のコンクリートの塊が高さ約13メールの地点から落下した事が分かりました。

20170325-2.jpgこれが隣の敷地に落下した約120キロのコンクリート辺で落下した際にそこに置かれて居たアルミ製の梯子に接触しながら落下した事が分かります。

この写真を撮影している際も上で作業が行われ小石や砂が私の方に落ちて来たので危険を知らせると共にこの様な危険な作業の中止を求めると共に警察を呼び事故による器物損壊事件として処理する様に要請しました。

20170325-3.jpg落下の際にぶつかり大きく曲がった鉄パイプが見られかなり危険な作業が行われて居た事が伺われ、一歩誤ればこの壁面が隣の家屋側に倒れれば大事故に繋がります。

20170325-4.jpgこれは今回落下したものと同じ反対側のコンクリートの塊で重さは推定300キロを超えると思われ、それが不安定な鉄骨の上に置かれた状態で何時落下しても不思議ではありません。

20170325-5.jpg更に現場を見て驚いた事に高圧ガスボンベと酸素ボンベの直ぐ近くに喫煙所が作られ安全管理の杜撰さに驚くと共にご覧の酸素ボンベが爆発しても不思議では無い危険な状態でした。

特に酸素ボンベは爆発する危険がある事は徹底されなければなりません。

ご覧のリンクにhttp://www.chem-station.com/chemistenews/2016/09/oxygen.html酸素ボンベの爆発の様子が動画配信されて居ますので是非ご覧ください。

これは作業者がたばこを吸って居たと言う想定での実験ですが、同じ大きさのボンベの破壊力がお分かりになると思います。

その後東京セキスイハイム株式会社の一級施工管理技士を呼び出し複数の違法行為を指摘させていただきました。

驚いた事にこの一級施工管理技士は工事の着工前に来ただけでそれ以降現場に来て居ない事が分かり単なる名義貸しの疑いがあります。

また、東京セキスイハイム株式会社(本社:台東区東上野4-27-3)は工事を丸投げしており、今回事故を起こした業者は3次下請けである事が分かりました。

この問題は明日の当ブログに続きます。


nice!(6) 

都市開発・災害対策特別委員会報告!東武伊勢崎線連続立体交差事業について! [墨田区議会]

20170324-1.jpg24日都市開発・災害対策特別委員会が開会されましたのでご報告致します。

最初に東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業について解説致しますので先ず上の地図で場所を把握していただき同図の下の図で高架かが行われた場合の立体空間のイメージ図をご覧ください。

概要は次の通りです

都市計画名称:東京都市計画都市高速鉄道東武鉄道伊勢崎線
事業名称:東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業
事業延長:約0.9km
駅位置:現況位置から東側へ約150m移設
乗降場形式:2面3線(現況:1面2線)
※ 1線は入出庫線(副本線)として利用構造形式:高架式(仮線方式により施工)
その他:入出庫線1線を含む留置線6線を高架化(現況:地平留置線10線)

20170324-2.jpgこれは当事業の総事業費313億円かかる事が想定され、その内国が総額の74.6%に当たる都市側負担金の55%に当たる128.4億円を負担し東京都と墨田区が45%を負担し、その負担割合は東京都が3割の31.6億円、墨田区が7割の73.5億円負担し、鉄道事業者総額の25.4%に当たる79.6億円を負担する事になります。

20170324-3.jpg工事完了までのスケジュールはご覧の通りです。


nice!(2) 

産業都市委員会報告!墨田区耐震改修促進地域と助成について [墨田区議会]

20170323-1.jpg23日産業都市委員会が開会されましたのでその内容をご報告致します。

ご覧の地図のグレーに見える場所が墨田区耐震改修促進地域で具体的には下記の内容をご覧ください。

1 改正要旨

墨田区耐震改修促進計画では、平成32年度末までに住宅耐震化率を95%とすることを目標としており、これを達成するためには一層の事業の充実が急務となっています。

木造住宅の耐震化率向上を図るため、耐震性が不足していることが確認された旧耐震基準の木造住宅の除却費用に対する助成制度を新たに設けるほか、耐震改修計画の作成に対する助成金の支給割合を引き上げられます。

また、建物本体を耐震化しない場合においても、室内の安全化を促し、地震災害時の人的被害の減少を図るため、耐震装置(耐震シェルター)設置費用に対する助成制度を新たに設けられます。

2 改正概要

(1)除却費用に対する助成制度の新設緊急対応地区において、耐震性が不足していると診断された旧耐震基準の木造住宅の除却工事費に対する助成制度を新設されます。

助成金の支給割合(助成率):1/2で上限は50万円まで。


(2)耐震改修計画の作成に対する助成金の支給割合の拡充緊急対応地区における耐震改修工事に係る耐震改修計画の作成に対する助成金の支給割合を次のとおり引き上げられます。

助成金の支給割合(助成率):1/2 ⇒ 10/10

(3)耐震装置(耐震シェルター)設置に対する助成制度の新設区内全域において、高齢者等が、耐震性が不足していると診断された旧耐震基準の木造住宅に居住する場合は、耐震装置(耐震シェルター)を設置するための装置代及び設置費用に対する助成制度が新設されます。

助成金の支給割合(助成率):9/10

来月4月1日より適用されます。


nice!(7) 

福祉保健委員会報告!両国子育てひろばの仮移転について! [墨田区議会]

20170322-1.jpg22日福祉保健委員会が開会されましたのでご報告致します。

ご覧の図は、「平成28 年6 月に策定した墨田区基本計画に基づき、両国リバーセンタープロジェクトに参加し、両国子育てひろばを整備することにより、両国地区の水辺の賑わいづくりに寄与するとともに、更なる区民サービスの向上に資することとする」目的で周辺の建物と共に建て替えが行われます。

真相は、東京都の天下り法人の公益財団法人東京都公園協会の管理する水辺ラインの利用を促進する事が思惑と見られます。

仮移転先については、上の地図で示す、区有地の墨田区横網一丁目2 番の隅田川緑道公園等(約760 ㎡)を候補地と定められています。

20170322-2.jpg今後のスケジュールは、平成29 年3 月下旬の地盤調査結果に基づき、仮設建物の設計プランを検討し整備を行うとしており2020東京オリンピックの時には完成する様です。

この日審議された議案と報告事項は次の通りです。

1 付託議案の審査

(1)議案第27号
   墨田区女性福祉資金貸付条例の一部を改正する条例      ※全委員一致で採択

(2)議案第28号
  墨田区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例及び墨田区子どもの医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例   ※全委員一致で採択

(3)議案第29号
  墨田区子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例  ※全委員一致で採択

2 付託陳情の審査

(1)墨田区の認可保育所への入園予約制度の導入及び保育時間の延長に関する陳情(第1号)

(2)精神障害者も心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象とすることに関する陳情 外1件(第2号)

3 当委員会所管事項について

(1)平成28年度墨田区一般会計補正予算における事務事業のあらまし

(2)報告事項(理事者)
  ア 「墨田区子ども・子育て支援ニーズ調査」の結果概要について

  イ 両国子育てひろぱの仮移転等について

  ウ 児童相談所移管準備の検討状況について

  工 「墨田区食育推進計画」(案)について
(3)その他当委員会所管事項


nice!(1) 

区民文教委員会報告!平成28年墨田区立学校の体力テストの結果について [墨田区議会]

20170321-1.jpg21日区民文教委員会が開催されましたのでその内容について報告致します。

上の表は平成28年墨田区立学校の体力テストの結果ですが全ての学年で東京都平均を上回って居ました。

この事は今後厳しい社会を生き抜く為には何よりも体力が重要ですからこれは大変良い傾向です。

墨田区の教育は「知、徳、体」を推進しており、その「体」について結果が出て来た様です。

今回審査された議案と報告事項等はご覧の通りです。

1 付託議案の審査
(1)議案第16号
   墨田区国民健康保険出産費資金貸付条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

(2)議案第17号
   幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

(3)議案第18号
   すみだ生涯学習センター条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

(4)議案第19号
   両国屋内プール条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

(5)議案第20号
   墨田区営運動場条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

(6)議案第21号
   スポーツプラザ梅若条例の一部を改正する条例

全委員賛成で承認されました。

2 当委員会所管事項について
(1)平成28年度墨田区一般会計補正予算における事務事業のあらまし

(2)報告事項(理事者)
  ア 墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関
    する条例の一部を改正する条例に係る改正事項

 ・イ 墨田区附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例に係る改正事項

  ウ 理事者からの報告事項
  (ア)墨田区北斎基金積立金の活用方法について

  (イ)総合教育会議の開催について

  (ウ)平成28年度墨田区立学校「体力テスト」の結果について

  (工)すみだ教育指針(墨田区教育振興基本計画)について

  (オ)「すみだ生涯学習センターの今後のあり方」について

(3)委員会提出議案について


nice!(12) 

第70回墨田区民体育大会でクレー射撃大会が行われました! [ニュース]

20170320-1.jpg20日、第70回墨田区民体育大会でクレー射撃大会が行われました。

写真は準優勝された方の射撃フォームです。

この日は良い天気に恵まれ絶好のシューテイング日和でした。

20170320-2.jpg写真は高速で飛んで来るクレーと呼ばれる素焼きの円盤を撃ち落とした瞬間の写真です。

20170320-3.jpg使われる弾は散弾と呼ばれる細かい球がクレーを捉えるとご覧の様に割れて砕け散ります。

この大会では100枚のクレーを何枚撃ち落とせるかを競います。

この日の墨田区の優勝者は80枚でしたが、港区の優勝者は90枚でした。

20170320-5.jpgこれがクレーを打ち出すマシーンでクレーを回転させながら打ち出しますがそれぞれの飛び方や方向の設定が異なり常に変化しますので射手はクレーが打ち出された瞬間に飛ぶ方向や速度、高度を読み撃ち落とします。

有効射程内で撃ち落とす為には僅か2秒で決断しなければなりませんので早撃ちが求められます。

逆に遅いとクレーの動きと銃口の角度が複雑になりますので距離が遠くなる程数学的にも不利になります。

このスポーツは動態視力と瞬時にクレーの動きを読み取り引き金を引きタイミングを判断する判断力が重要です。

20170320-6.jpgこれがスコアーボードで1発又は2発撃って命中すれば白色に、外せば赤い表示が出ます。

1ラウンドは25枚のクレーを何枚撃ち落とせるかを競いますが、今回は大会ですからこれを4回行い100枚中何枚落とせるかを競います。

やはり高得点を出す為には練習する事が重要でうまい人程毎週の様に練習している様です。

このスポーツをやるには公安委員会の厳しい身辺調査と試験に合格しなければ許可されません。

しかし、とても楽しいスポーツですし、そう簡単には上達しないので何十年も続ける方が多く、楽しまれる方はどちらかと言うとエリート層が多いのでお友達作りにも良いかも知れません。

射撃が終わると帰りに地方ならではの新鮮な農産物を直売所する佐倉市吉見のふくろうと言うお店へ直行しイチゴや野菜、玉子、いも等をごつそり買って帰ります。

ごつそり買っても野菜類は安いのでたかが知れてますし、東京よりも新鮮で格段に安いので家計にもやさしいと思います。

これは、一日楽しく遊んだ罪滅ぼしに家で留守番をしている家内や子ども達にお土産を買って帰る為です。

皆さん同じ様な境遇なのかここに寄って帰る方が多くいました。

この日は紅あずまと呼ばれるおいもが安く1箱10本入りで700円でした、良質のイチゴが1箱4パック入りで1600円でした。


nice!(7) 

黒田日銀総裁が掲げた2%の物価上昇目標は何故達成出来なかったのか? [世界経済と日本]

20170318-1.jpgご覧のチャートは過去半世紀に亘る消費者物価指数(CPI;Consumer Price Index)の推移を表したものです。

20170318-2.jpg黒田日銀総裁は2013年4月に「2年で2%の物価上昇」を目標に金融政策の異次元緩和を行いましたが、公約の2年後の2015年には逆にマイナス0.1%のデフレなって居ます。

この失敗の最大の原因は消費税の5%から8%への増税で金融政策で異次元の緩和をしてもその効果が増税で吹き飛んでしまった事が考えられます。

その失敗の根本は過度の金融政策に対する過剰な期待と過信にあったのではないでしょうか。

更に最近の世界経済を見ますと古典派経済学の理論では通用しない資本主義経済の成長理論の限界に達したとみられる景気の停滞が続いている事が分かります。

こうした中で経済成長を続けるには、他との競争に勝ってその市場を奪い取るという形で成長モデルになりましたが、この直撃を受けたのが中間層で中間層が居なくなった事が格差の拡大に繋がっています。

20170318-3.jpgご覧のグラフは日本の貿易収支ですが、2017年には輸出を上回る輸入の拡大で貿易収支は黒字縮小になっています。

この事からも政府が2%の物価上昇目標を掲げても物価が上昇するよりも早く海外から輸入が増えてしまうので物価上昇目標を達成出来ない事が分かります。

政府が本来やるべき事は小手先の金融政策では無く、格差を是正し中間所得層を増やす工夫をすべきで、何よりも国民全体の所得と可処分所得を向上させる政策が必要なのではないでしょうか。

その為には、次世代を担う若者が正規の社員として就職できる環境を作り、企業は若者に将来を担えるだけのスキルを身に付けさせる為には、非正規雇用を全廃させる様な大胆な発想が必要です。

例えば松下幸之助氏が創業したパナソニックでは社員に安定した雇用を守りながら10兆円企業を目指しています。

次世代を担う若者の多くが安定した雇用を願うものですが、本当に優秀な人材は生き馬の目を抜く様な激しい競争を勝ち抜く事で高額な収入が得られるグローバルな外資系企業に挑戦するのも良いかも知れません。


nice!(9) 

インフルエンザ集団発生状況のご報告!終息傾向ですが手洗いうがい励行を! [お知らせ]

20170317-2.jpg3月17日墨田区教育委員会事務局の発表した平成28年度のインフルエンザ集団発生により新たに時間短縮されてた学校は3月15日の横川小で1クラス計7名のインフルエンザが確認され、3月16日には同小で1クラス合計10名が欠席しました。

20170317-3.jpg3月13日以降の臨時休業(学級閉鎖)されたのはご覧の8校です。

インフルエンザA型B型共に発生していますが、春が近づいていますので終息に向かうと見られます。

感染防止の為には、子ども達に買い食いをさせない事も大切で、外出中にドアノブや取っ手、公共交通機関では手摺等にインフルエンザウイルスが付着してしており、子供が買い食い等をしますと汚れた手で食べ物に触ってしまいますとウイルスが付着し、それを食べてしまう事になります。

お子さんの教育に買い食いをしない、食べ歩きはしない事を教えておくと、インフルエンザ等のウイルス性の細菌感染の予防になりますし、食べ歩きはしないと言う正しいマナーの背景にはこうした配慮もある事を忘れてはなりません。

インフルエンザ集団発生状況は弱まりつつある様ですが、外出先から家に帰った場合は手洗いとうがいを忘れずに励行しましょう。

今後は暖かくなりますのでインフルエンザへ終息へ向かうと思われますが、花粉が増えて来ますので花粉症の方はご注意下さい。


nice!(0) 
前の10件 | -